goo

本題 西尾維新

現在、著者の本は2つのシリーズを追いかけているが、その執筆のスピードとアイデアの豊富さに毎回びっくりさせられている。何がそれを可能にしているのか、他の作家にはない何をこの作家は持っているのか、それを知る手掛かりになるのではないかと考え著者の対談集である本書を読んでみることにした。西尾維新による企画ということで、内容は彼が聞き役になって相手の制作の秘密や考え方を聞き出すという体裁だが、読み進めて段々分かってくるのは彼自身の考え方だ。それだけ特殊な存在なのかも知れない。小説を書くとはどういうことなのか、才能とは何なのか、色々考えさせられる一冊だった。(「本題」 西尾維新、講談社)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 探偵さえいな... 死と砂時計 ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。