goo

出版禁止 長江俊和

色々なところで話題になっている本。ある事情で出版されなかったノンフィクション作家の作品を全文掲載しましたという体裁の本書だが、読み終わってみると、至るところにトリックというか、読者を欺く仕掛けが施されていて驚かされた。巻末に「文庫本のためのあとがき」という作者自身の文章が掲載されているのだが、これ自体も読者を欺く仕掛け?ということなのだろうか。大きなどんでん返しは2回だが、その後の方のどんでん返しの衝撃は何故かとても大きい。イヤミス、叙述ミステリーといったジャンルでくくることが何となく無意味になってしまいそうな気がする。本当に意表を突いたこれまでに全くなかったトリックを十分に堪能した。(「出版禁止」 長江俊和、新潮文庫)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 謎のアジア納... 地図にない場... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。