開運など神社

開運など神社

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

幸運を呼ぶ方法

2017-05-16 19:50:00 | 幸運
適齢期を過ぎても結婚相手のいなかった31歳のA子さんは、当時22歳で結婚した母親の圧力にストレスを感じていました。A子さんのお母さんはA子さんの年齢ではすでに3人の育児をしていましたから、お母さんも焦りの気持ちが強かったのです。友達はみんな結婚して、「結婚できないのは、私だけ?」と、気が付いたら自分の人生を恨むようになってしまいました。「家を出ようか」。ストレスになる原因と決別をする覚悟を決め、A子さんは母親の介入から遠ざかる決心をしました。

家を出ようと思った前夜、A子さんはあることに気付きました。「お母さんは22歳で結婚をした。何で結婚できたの?」と、自分の母親が結婚して幸せな生活をしていることを思い出しました。それからというもの、結婚の話をされると憂鬱な気持ちにしかならなかったA子さんは、母親にそのすべてを尋ねることにしました。A子さんのお母さんがそうしたように、A子さんもお見合いの準備を始めました。そうです。成功している人がすぐ傍にいることに気が付いたのです。

それからすぐに今の旦那さんとお見合いで知り合い、約10ヶ月の交際を経て結婚をしました。「もしあの時、お母さんに背中を向けていたら、今の生活は無かった」とA子さんは振り返ります。A子さんの母親がしきりに結婚と繰り返していたのは、「幸運のヒントは近くにある」という神様からのメッセージだったのではないでしょうか。A子さんの場合は母親だったんです。

「成功者に心を開く」ことは多くの準成功者が実践していることです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実際に効果があった幸運を呼... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。