【 ここに あるもの いるもの 生きる人 癒しの里 】 矢ばなの里

「カタクリと生き物3Dの森」桜が教えてくれたカタクリの群生地が広がり、そこにはフクロウムササビといった生き物がいる。

積雪50センチ

2017年01月21日 | 矢ばなの里
天気予報ほどの雪が降らない2017
この程度の雪で終わると楽!!
やはり、特別な事は起こらないよう。やはり、温暖化!!だな!

いっぱいなっていた柿
気がつくとご覧の通り丸裸に

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

居ついてほしい!!

2017年01月20日 | フクロウの森

昨年春から数多く巣箱を取り付けました。

カタクリの群生地には巣箱の数ほどの

フクロウ、ムササビといった生き物は居ないと思いますが

ひとつでも、ふたつでも利用、使ってれたらうれしい。

そして動物たちににとって住みやすい森になったら

カタクリ、ムササビ、フクロウが居ついてくれる森づくりを目指します。

ドングリを育て、実のなるヤマザクラ、ヤマボウシなどを植樹していきます。

今後は巣箱を活かした森づくりを活動の中心に据えて行っていきます。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子育てはこれから

2017年01月20日 | フクロウの森

冬から春に描けてが鳥達の繁殖期になります。

鳥は通常、子育ての時期しか巣を利用しないようです。

これからが繁殖期になり巣箱で卵を産んでヒナを育てます。


今日は冷え込んで積もった雪が凍り雪の上を歩けました。

こちらでは「お空に乗る」と言ってますが,

巣箱と梯子を担いで山に行き巣箱を一つ取り付けました。

カタクリの群生地の中では一番古い大きな杉の木「ぜんべいの大杉」と呼ばれている木にです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

荒島岳

2017年01月18日 | 荒島岳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

荒島岳 冬姿

2017年01月18日 | 荒島岳
[user_image 52/12/6ddb7d7d55406a2aa4575
64c8e1808ac.jpg]
やっと!冬の荒島岳らしくなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ここにあったもの 持ち込んだもの

2017年01月18日 | 恋し畑

今回の雪で折れた桜は持ち込んだモノ

カタクリはここにあったです。

カタクリはこの時期は土の中です。

カタクリは人より先からこの地にあるモノです。

人が持ち込んだモノではありません。

ここにあるものは、そこの自然に適応して生き永らえてきたもの

サクラも雪(自然)で余分な枝、無理な枝を削ぐられ

この地の自然に適合したモノになって行くはず、

出なければ、消えていく運命なのでしょう。

それが自然というものだと思いました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おしい、くやしい、

2017年01月17日 | 桜と管理

矢ばなの里の桜は条件が良かったのでしょう

10年で幹も太く、大きくなりました。

この短期間で大きくなるには大きな落とし穴があるような気がします。

折れた桜は「神大曙」という品種、

ソメイヨシノによく似た品種で、テングス病の耐病性を持った品種です。

矢ばなの里は肥沃な土地で大きいけどひ弱な桜になったようです。

最近のように着雪しやすく重たい雪には弱い桜になったのかも知れません。

ヤマザクラやエドヒガンサクラの方が雪には強いと思います。

折れても、枯れるわけではありません。

また新しい枝を伸ばしてくれることでしょう。

でも惜しいですね。やっと咲くようになったのに・・・・・

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然は

2017年01月17日 | もみじ
白い悪魔
積雪50センチでも桜にとっては大変なこと、植えて十数年やッと見ていただけるまでになった桜がご覧のような無惨な姿に、、、
自然は容赦しません。厳しいなかを耐えた物だけが残れる世界かもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月15日 やはり大雪

2017年01月15日 | 矢ばなの里

1月15日は以前の成人の日

この日は昔から荒れますが、今年もあれましたね。

これからしばらくが寒くて一番冬らしい時期

冬は雪が降らないと、春らしい春になりません。

カタクリも厳しい冬を越すときれいな花を咲かせます。

首を長くしてまちましょう。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 カタクリまつりポスター

2017年01月15日 | かたくりまつり

カタクリ祭りのポスターデザインが出来ました。

毎年変わり映えの無いデザインですが、

カタクリも毎年変わり無く、綺麗に咲いてくれるものと信じています。

雪の無い冬で終わるのかと心配しましたが

昨日からの寒波で雪が積もり、

地中のカタクリも冬を感じて暖かくなる春を待ち、

綺麗な開花が期待できそうです。

 

今年は「ここにあるもの ここにいるもの」をキャッチコピーで宣伝していきます。

ムササビ、フクロウ 日本リス等の生き物にも活躍してもらい

カタクリ祭りを盛り上げていきたいと考えています。

多くの方のご来場をお待ちしています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

開花情報

矢ばなの里のカタクリ、桜、アジサイ等の開花情報