『そぞろ歩き韓国』から『四季折々』に 

東京近郊を散歩した折々の写真とたまに俳句。

四季折々760  初冬の津久井湖城山公園2

2016-12-31 22:42:58 | まち歩き

 

菜の花。もちろんまだ苗の状態で花は咲いていない。

ナツツバキ。

ガマズミ。

城山。落葉した木が多い。

津久井湖の西側を臨む。

津久井湖の東側を臨む。

「冬枯れの森の朽葉の霜のうへに落ちたる月のかげの寒けさ」

(藤原清輔1104年~1177年) 

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四季折々759  初冬の津久井湖城山公園1

2016-12-28 18:00:44 | まち歩き

小春日和の散策。

青々としたこぶし。

園路の周辺。イロハモミジの紅葉が枯葉になる寸前でとどまっている。

木の葉の間から東丹沢の山々がちらり。

「散りぬべき秋のあらしの山の名にかねてもをしき木々の紅葉葉」

(小倉公雄1243年頃~1325年以後) 

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四季折々758  初冬の相模原公園3

2016-12-23 11:55:40 | まち歩き

公園内を散策。

椿。

いろはもみじ(?)

冬を彩るパンジー。

木漏れ日。

「玉の如き小春日和を授かりし」(松本たかし1906年~1956年) 

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

四季折々757  初冬の相模原公園2

2016-12-21 19:07:14 | まち歩き

噴水エリアに転ずる。

温室とパンジー。

噴水とメタセコイアの並木。

モニュメント花壇のパンジー。

パンジーと花キャベツ。

「山ふかみ落ちてつもれる紅葉ばのかわけるうへに時雨(しぐれ)降るなり」

(大江嘉言?-1010年『詞花集』) 

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四季折々756  初冬の相模原公園1

2016-12-18 17:10:18 | まち歩き

まだ紅葉。

水無月園(花菖蒲園)へ行く水無月橋。

水無月園の中の山茶花。

水無月橋から見る公道。両側が公園。

水無月園周辺の紅葉。

「あきはきぬ紅葉はやどにふりしきぬ道ふみわけてとふ人はなし」

(読人知らず「古今集」) 

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加