『そぞろ歩き韓国』から『四季折々』に 

東京近郊を散歩した折々の写真とたまに俳句。

四季折々689  ハノイの旅9

2016-01-31 15:47:42 | まち歩き

ベトナム民族学博物館へ行く。パンフレットによれば5つの言語系統に分類される54の民族がベトナムに居住しているという。博物館の庭に建てられた少数民族の建物を見て回る。

中部高原にあったエデ族のロングハウス。長さ42メートル。母系の大家族が暮らしていたもの。1980年代以降はこの暮らし方はなくなりつつあるという。

 内部は竹の床でしなっている。竹って丈夫なんだ!

中部高原のバナ族の集会所。2003年にバナ族の42人の手で建築。 

人物は通りすがりの観光客。

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

四季折々688  ハノイの旅8

2016-01-18 18:45:00 | まち歩き

ハノイの昔の刑務所が博物館になっている。フランス統治下で抗仏活動をしたベトナム人が拘留され、ベトナム戦争中は米軍のパイロットも捕虜として拘留されていた。たくさん写真があるが、きれいに撮影できないのでカット。

元刑務所の入口。

1969年のホーチミンの新年のメッセージ。

ここでなくなったベトナム人の慰霊碑。

この下水道を通って1945年3月に100名以上の政治犯が脱走して、1945年8月の反乱に参加し、党と政府のリーダーになったと書いてある。

勝利してよかったですね! 

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

四季折々687  ハノイの旅7

2016-01-17 13:19:16 | まち歩き

ハノイ市内の観光名所。

 ホーチミン廟。

ホーチミン廟の前の道路。

ホーチミン廟の前のバーディン広場。

1945年9月2日にホーチミンが独立宣言を読み上げた所。

ホーチミン廟周辺の官庁街。黄色い建物はフランス植民地時代のなごりとか。

大教会。

1912年にネオ・ゴチック風に改装されたカソリックの大聖堂。漆喰にはちみつを混ぜているとか。

ハノイの中心にあるホアンキエム湖。

観光客も多い。 

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

四季折々686  ハノイの旅6

2016-01-16 18:12:13 | まち歩き

池の中に建つ一柱寺。

一柱寺。1049年に李王朝の李太宗によって建てられた。

3メートル四方の仏堂の中の観音菩薩。

一本の柱の上に建てられている。

お寺の池とは別の蓮の池。残念ながら今は蓮は見られない。

ハイビスカス。 

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四季折々685  ハノイの旅5

2016-01-12 17:21:40 | まち歩き

文廟の中。

狛犬のようなもの。親子ずれ。口を開けているのがご愛敬。

龍の香炉!?

始業終業の時をしらせたのかな?

おそらく孔子。 

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加