『そぞろ歩き韓国』から『四季折々』に 

東京近郊を散歩した折々の写真とたまに俳句。

四季折々611  名古屋城2

2015-04-29 23:42:25 | まち歩き

名古屋城の復元された本丸御殿に入る。しかし復元されたのはまだ一部分。

 

「車寄」。本丸御殿の正式な入口。 

本丸御殿の廊下。

表書院の障壁画。素晴らしい。

「何事ぞ花みる人の長刀」(去来1651年~1704年)

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四季折々610  名古屋城1

2015-04-29 03:37:21 | まち歩き

桜が咲き始める頃に名古屋城を見学。

観光客が大勢。

焼け残った櫓。

桜の咲き始め。

「公達に狐化けたり宵の春」(蕪村1716年~1783年)

 にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読書感想173  雲霧仁左衛門

2015-04-27 21:48:58 | 小説(日本)

読書感想173  雲霧仁左衛門

著者      池波正太郎

生没年     1923年―1990年

出身地     東京・浅草

出版年     週刊新潮に1972年から1974年まで掲載

出版社     (株)新潮社

 

☆感想☆☆☆☆

 雲霧仁左衛門という盗賊は実在を確認できないそうだが、講釈:大岡政談の中で語られてきていて、歌舞伎の題材にもなっているという。

 池波正太郎版の雲霧仁左衛門では、火付盗賊改方との手に汗握る攻防が描かれている。雲霧仁左衛門一味は、因果小僧六之助、木鼠の吉五郎、素走りの熊五郎、七化けのお千代などの曲者揃い。それに対する火付盗賊改方は長官・安部式部の下、与力の山田藤兵衛、同心の高瀬俵太郎、目明しの政蔵の面々。安部式部が長官になってから雲霧仁左衛門一味は2度の大働きをして、呉服屋からは2500余両、札差からは1万両も奪っている。内部に引き込みを潜入させ、犯行時には店の者はだれも気付かぬまま、眠らされている。一人も殺生しないのが雲霧一味のやり方だ。雲霧一味に煮え湯を飲まされつづけていた火付盗賊改方は、もとは雲霧一味にいた密偵・留次郎を使って一味の盗人宿を襲ったが、どこももぬけの殻。そして何かを追っていた留次郎も殺されてしまう。そして留次郎に情報提供した一人働きの盗賊、利吉の存在を知った雲霧一味と火付盗賊改方。どちらが利吉を確保できるのか。一方、名古屋の大店、薬種問屋の松屋吉兵衛は、江戸に来てから女漁りの日々をすごしている。そこに趣向を凝らした女を紹介される。やんごとない身分の尼僧だという。吉兵衛はその色っぽい尼僧に無我夢中になる。

 雲霧仁左衛門は、犯行時には殺傷をしないが、裏切り者や、秘密を守るために殺しを躊躇しない。幼い時から手塩にかけて育てて自分の愛人になっている女を盗みの引き込みに使っている。物腰が穏やかで端正な人物と描かれているが、やっていることはえげつない。雲霧仁左衛門に感情移入することはむずかしいが、火付盗賊改方の苦労と熱意には共感するところが多い。

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四季折々609  城山湖周辺4

2015-04-26 23:18:13 | まち歩き

桜の季節は終わり、新緑の美しい4月下旬。相模原市緑区の川尻の里をぶらぶら。

満開の菜の花と大根の花(?)。

生け花のように切り株から目を出すタンポポ。

マメ科の植物。

白山吹。たくさん咲いている。

道にこぼれおちる芝桜。

ぼけ(?)

梅の実用の梅林。

秋のなごりの稲わら人形。

田植え前。

竹林。

穴川林道の終点は本沢梅園。

穴川林道から見た景色。

「なのはなや摩耶を下れば日のくるる」(蕪村1716年~1783年)

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四季折々608  桜の城山湖周辺3

2015-04-24 22:10:25 | まち歩き

本沢梅園の周囲は梅だけでなく、桜も多い。ちょっと残念な曇天の下満開。

「さくら花散りぬる風のなごりには水なき空に波ぞ立ちける」(紀貫之?~945年)

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加