『そぞろ歩き韓国』から『四季折々』に 

東京近郊を散歩した折々の写真とたまに俳句。

そぞろ歩き韓国124  南山ソウルタワー

2012-04-29 23:40:49 | まち歩き

南山ソウルタワーはソウルのどこからも見える。ごく近くから見てみる。

Photo_2
南山の麓から見たタワー。

Photo_4
真下から見たタワー。

Photo_6
遊歩道の起点の公園から見たタワー。

Photo_8

ソウルのシンボルキャラクター、ヘチ君がタワーの前でお出迎え。

Photo_9
タワーの横の展望テラス。

Photo_11

テラスの柵に結びつけられたカップルのお守りの山。

※写真を大きくする場合は写真の上をクリックしてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そぞろ歩き韓国123  南山の散歩道

2012-04-27 00:23:45 | まち歩き

南山はケーブルーカーでも上がれるし、歩いても登れる。行きはケーブルカーで、帰りは歩いて下った。

Photo
歩きやすい道が整備されている。

Photo_2

連翹(れんぎょう)も満開だ。

Photo_3
階段が長い。

Photo_4

ソウルの街がよく見える。

Photo_5

下ってきたところは駐車場。

※写真を大きくする場合は写真の上をクリックしてください。





コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

翻訳  これはパイプではない   NO.5

2012-04-26 23:01:28 | 日記・エッセイ・コラム

クラブフロンティア

イミジが約束の場所の韓定食店の予約された部屋へ入ると、皆が待っていたように挨拶してきた。大体十五名が来たようだ。

「わあ、ミジが来た。やはりスターは後で現れるわけね。」「うあ。私たちの時代のボーボアール。やあ、ところでボーボアール、それともボバリー。」

「まあ、インマ、ボバリーは小説の主人公の名前よ。マダム・ボバリー。することはボーボアールでもボバリーでもそこでこそよ。二人とも浮気者だから。」

「イミジ、あんた最近広告にずっと載っていたよ。」

「ミジよ、本買ってきた。サインしてくれない。」

「あの子は写真写りがとてもいい。」

「いいえ、人物がいいの。」

「あの子のおかげで私達フロンティア・クラブも載って・・・」

「まあ、ところが私達のクラブの名前はそのまま使って、なぜペンキ塗りをするの。」

「ところでなぜあんたの小説に全部したことを載せてくれなかったの。」

「まあ、ところでそれが全部本当なの。小説に出ていること。嘘もちょっと混ぜたわね。」

 彼女は空いているチンソクの横の席に行って座った。チンソクはフロンティア・クラブの会長だ。もちろん20年も越えた二十歳頃のことだ。皆ちょうど二十歳になった頃会った友達だ。英語会話サークル、クラブ・フロンティアのメンバーは五年前から一年に二回ぐらい会い始めた。ところがところが女友達たちが加わって座っているのは目についた。一瞥して目礼し、箸を取る時に前に座ったミンソクがささやいた。

「まあ、あんた、全く苦労した子供のように見えなかったけど。あんた、苦労が多かったの。大変ね。」

 前に座ったチンソクが杯に焼酎を注いで話した。

「とにかく、あんたは勇敢だ。」

「勇敢。」

「いいや、大胆だ。ようし乾杯。」

 本についての話のようだ。イミジはうわの空で杯を当てては一気に飲み干した。気分がすぐれなかった。既にこのクラブのメンバーも中年の顔になっていた。年がこのくらいになると、年をとる時ももう個人差が大きく広がっていることを、彼女は確かめるようになる。以前は小太りで可愛かったミンスは可愛い姿は見る影もなく、憎々しい人相に変わってしまった。髪の毛の多い優雅な長髪で女子学生の人気を集めていたチョンフンの髪の毛はどこへ行ったのか。前頭部がほとんど抜けて額の面積が広くなりすぎてしまった。優雅だった顔も限りなく憂鬱に長くなりすぎてしまった。イミジの向かい側でカルビの骨をむしり取っているヒョンシクや彼女を見て笑いながら何も言わず杯をあげるチャンギなどはそれでも良好だ。昔は骨格だけで不格好に骨体美を自慢していたソンギュは、かえって中年の肉がついて少しづつ顔立ちがすっきりしている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そぞろ歩き韓国122  南山の桜

2012-04-26 19:42:05 | まち歩き

ソウルの南山は先週から今週にかけて桜の満開の時期を迎えた。

Photo_3

南山からソウル市内を見る。

Photo_4
南山ソウルタワーを望む。

Photo_5

南山の上り口のあたり。

Photo_6
遠くに漢江を望む。

Photo_7
桜と雪柳。

Photo_9
桜の林。

※写真を大きくする場合は写真の上をクリックしてください。














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そぞろ歩き韓国121   国立中央博物館 高麗2

2012-04-25 20:13:38 | まち歩き

高麗時代は元に侵攻され、服属していた時代でもある。

Photo_2

高麗領土の変遷という映像を流している。

Photo_3

高麗長城の築造の映像。北方の遼やモンゴル(元)からの侵攻を防ぐために作られた長城。大規模なものである。

Photo_6

高麗時代の地図。現代の地図とも遜色のない地図だ。

Photo_8
高麗時代の人々。

Photo_10

高麗の改革王の物語。アニメになっている。

Photo_13
元寇の様子を描いた日本の蒙古襲来絵詞。これはその複製品。

右が蒙古。左が高麗。

連合軍で攻撃してきたことがわかる。

※写真を大きくする場合は写真をクリックしてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加