『そぞろ歩き韓国』から『四季折々』に 

東京近郊を散歩した折々の写真とたまに俳句。

韓国ドラマ(2017年1月~6月)備忘録3

2017-07-15 23:25:41 | 韓国ドラマ

 

画像

1.未来の選択 ☆☆☆☆

  制作年:2013年  

  主演:ユン・ウネ  共演:イ・ドンゴン  ジョン・ヨンファ

  内容:未来のミレが若い日のミレのもとに現れる。未来のミレは夫との生活に疲

     れ、若いミレが夫と結婚せず、もっと金持ちの男と結婚するように画策す

     る。未来のミレの夫はテレビ局のアナウンサー、未来のミレが進める夫候

     補はテレビ局の創業者の孫。若いミレは放送作家の卵として働き始める。

     若いミレの選択が変化するにつれて未来のミレの人生も変化していく。

  感想:ミレがどちらの男を選ぶのか、最後までわからないのがもどかしい。 

2.私の期限は49日 ☆☆☆☆

  制作年:2011年

  主演:イ・ヨウォン   共演:ナム・ギュリ チョン・イル

  内容:交通事故に巻き込まれて意識不明の昏睡状態になったジヒョンは、神の使

     いとして生死を司るスケジューラーから、手違いなので49日以内に、家

     族以外で真実の涙を3粒集めれば生き返ることができると告げられる。そ

     して夜間のコンビニで働くイギョンが昼間寝ている間その体を借りて、真

     実の涙を流してくれそうな友人や恋人に会いに行く。

  感想:ジヒョン役のナム・ギュルが純真無垢でかわいい。

3.未生 ☆☆☆

  制作年:2014年

  主演:イム・シワン    共演:オ・サンシク  キム・ドンシク

  内容:囲碁のプロ棋士を目指していた青年が、父の死によってプロ棋士への道を

     断念し、大手の総合商社に契約社員として働くことになる。

  感想:難しい局面を囲碁のセオリーで乗り越えていくところが見どころ。舞台に

     なっている総合商社がソウル駅の向かいのビル。懐かしい。恋愛も格差婚

     もない。

4.パパはスーパースター ☆☆☆

  制作年:2015年

  主演:イ・ドンゴン    共演:イ・ユリ

  内容:プロ野球の元選手の所に、昔の恋人が子連れで押しかけてきて同居するこ

     とになる。

  感想:イ・ドンゴンは女の身勝手さに振り回される男がうまい。

5.ホジュン 伝説の心医 ☆☆

  制作年:2013年

  主演:キム・ジュヒョク    共演:パク・ジニ

  内容:「ホジュン 宮廷医官への道」のリメイク版。両班の庶子として生まれ、

     宮廷の御医になった宣祖と光海君の時代の実在した医者の物語。

  感想:前の版も見たが、妻と母親の女優が前回より今回のほうが上品で両班の娘

     や側室の雰囲気が出ている。ホジュンになっている俳優もしっかりした医

     者らしさがある。ホジュンを慕う医女は、前回の女優のほうが優しさが

     あったのに、今回の医女は現代的で優しさが感じられない。

6.コーヒープリンス1号店 ☆☆

  制作年:2007年

  主演:ユン・ウネ    共演:コン・ユ

  内容:大会社の御曹子と貧しい家庭の娘の恋愛ドラマ。カフェを立て直すことを

     命じられた御曹子が、イケメンを集めたコーヒープリンス1号店を開く。

     そこに職がほしい娘が男と偽って就職する。

  感想:どう見ても男に見えない美女のユン・ウネ。コン・ユも浮世離れした男に

     は見えない。 


にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四季折々807  相模原北公園... | トップ | 読書感想216  白い航跡 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
韓ドラ (nishinayuu)
2017-07-17 09:55:33
「私の期限は…」と「未生」だけ見ました。どちらも気に入りましたが、特に「私の期限は…」は私のベストテンに入る大好きな作品です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。