『そぞろ歩き韓国』から『四季折々』に 

東京近郊を散歩した折々の写真とたまに俳句。

四季折々774  宇津貫緑地の白梅

2017-03-07 19:29:50 | まち歩き

弥生に入ってから宇津貫緑地を歩くと、白梅が咲いていた。紅梅よりも遅くなる。

白梅も霞みの中に沈みおり(自作の俳句)    ・・・・?

紅梅や寝起きの年増化粧はげ(自作)   ・・・・・?

「峡せまりわずかに存す梅花村」(富永風生) 

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

 

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四季折々773  鑓水の梅林 | トップ | 四季折々775  初春の昭和記... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

まち歩き」カテゴリの最新記事