『そぞろ歩き韓国』から『四季折々』に 

東京近郊を散歩した折々の写真とたまに俳句。

映画雑感16(2017年10月~12月)

2018-01-08 18:19:07 | 映画

ポスター画像

映画雑感16(2017年10月~12月)

1)      ヘイトフル・エイト  ☆☆

2015年 米国  監督タランティーノ 主演 サミュエル・ジャクソン

西部劇。男女8人が吹雪で山小屋に閉じ込められ、そこで殺人事件が発生。どれもこれも一癖も二癖もありそうな人ばかり。

2)      ボーダーライン    ☆☆

2015年 米国  監督ドウニ・ビルヌーブ 主演 エミリー・ブラント

アメリカ・メキシコの麻薬戦争の中、明らかに悪なのに善だと思いこんで殺しまくるFBI捜査官。

3)      母の残像  ☆☆☆

2015年  ノルウェー・フランス・デンマーク・米国合作

監督 ヨアキム・トリアー  主演 ジェシー・アイゼンバーグ

亡き母の撮った写真展のために、長男が父と弟の暮らす実家に戻ってくる。家族の再生の物語。母の秘密も予想の範囲内。

4)      ある日どこかで ☆☆☆ 

1980年 米国  監督 ジュノー・シュウォーク 

主演 ジェーン・シーモア  クリストファー・リーブ

新進劇作家のもとに老婦人が訪れ「帰ってきて」といって金時計を渡す。

   時空を超えたラブストーリー。若い女性として現れれば帰る気持ちにも

なるでしょうね。

5)      レッドオクトーバーを追え ☆☆☆☆

1990年 米国  監督 ジョン・マクティアナン  

主演 ショーン・コネリー

ソ連の最新原子力潜水艦レットオクトーバーの亡命を助けようとする米国と阻止しようとするソ連。潜水艦の中の合唱まで聞きだす探知技術の精巧さに舌を巻く。

6)      君の名は ☆☆☆☆

2016年  日本  アニメ  監督 新海誠

未曾有の災害から人々を救いたいという気持ちが伝わってくる。

7)      ライオン 25年目のただいま  ☆☆☆☆

2017年  オーストラリア  監督 ガース・ディビス

主演 デブ・バテル

インドで迷子になり、オーストラリアで成長した青年がグーグルを使って故郷を探し出す。その実話の部分がすごい。

8)      この世界の片隅に  ☆☆☆☆

2016年  日本  アニメ  監督 片渕須直

第二次世界大戦中の呉や広島の庶民の暮らしが涙を誘う。

9)      今そこにある危機 ☆☆☆

1994年  米国  監督 フィリップ・ノイス  

主演 ハリソン・フォード

命がいくつあっても足りないほどのハリソン・フォードの大活躍。

10)ニュースの真相 ☆☆☆

2016年  米国  監督 ジェームス・ヴァンダービル

主演 ケイト・ブランシェット  ロバート・レッドフォード

ロバート・レッドフォードがすっかりおじいさんになってしまった。

11)裸足の季節  ☆☆☆☆

2015年  トルコ  監督 デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン

主演 ギュネシ・シェンソイ

トルコの5人の姉妹が野性的で魅力的。封建的な家から脱出できるのか、ハラハラドキドキ。

12)生きうつしのプリマ ☆☆☆

   2016年  ドイツ  監督 マルガレーテ・フォン・トロッタ

   主演 カッチャ・リーマン

   亡くなった母親と生き写しの人、それが有名なオペラ歌手。期待が高まる。

13)ブラックファイル ☆☆

   2016年  米国   監督 シンタロウ・シモサワ

   主演 ジョシュ・デュアメル

   大手製薬会社が引き起こした薬害問題を担当する若手弁護士の活躍。どんどん悪党が増えていって話がごちゃごちゃに。

14)エンド オブ トンネル ☆☆☆☆

   2017年 アルゼンチン・スペイン合作  監督 ロドリゴ・グランデ

   主演 レオナルド・スバラーリャ

   隣の家でトンネルを掘っているのに気づいたら、どうするか。主人公は車椅子の生活。

15)ブルゴーニュで会いましょう ☆☆☆

   2015年  フランス  監督ジェローム・ル・メール

   主演 ジェラール・ランバン

   倒産しかかっている実家のワイナリーを引き継いで、どうするか。美味しいワインはぶどうから。

16)特捜部Q Pからのメッセージ  ☆☆☆

   2017年  デンマーク・スウェーデン・ノルウェー・ドイツ合作

   監督 ハンス・ベテル・モランド  主演 ニコライ・リー・カース

   コペンハーゲン警察の特捜部の活躍。デンマークにもカルト宗教?!

   17)僕と君の片思い ☆☆☆

      2016年 オーストラリア  監督 マーク・グレイシー

      主演 ゼイビア・サミュエル  モーガン・グリフィン

      トラックのレースとパーティーのオーストラリアらしい(?)どんちゃん騒ぎの中で恋は実るのか。

   18)あと1センチの恋 ☆☆☆

     2014年 ドイツ・イギリス  

監督 クリスティアン・ディッター

主演 リリー・コリンズ   サム・クラフリン

幼い頃からの大親友だったのに、ボタンの掛け違いで別な人と付き合うようになってしまう。ひと昔前の日本のメロドラマのようだが、純潔を守らないところが現代的。

 
にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画雑感15 (2017年8~9月)

2017-10-19 17:25:12 | 映画

 映画雑感15 (2017年8~9月)

ポスター画像

1.    ボーン・アイディンティティー  ☆☆☆☆

2002年米国制作 リグ・リーマン監督 主演マット・デモン

海上で発見された記憶喪失の男。パリもスイスも美しい。アクションも派手で見ごたえあり。

2.    ボーン・スプレマシー    ☆☆☆☆

2004年米国制作 ポール・グリーングラス監督 

主演マット・デモン

  「ポール・アイディンティティー」の続編。インドでひっそり暮

らすジェーソン・ボーンに暗殺者が忍び寄る。舞台はインドからヨーロッパへ。インドでのカーアクションが一見の価値あり。

3.    シークレット・アイズ   ☆☆

2015年米国制作 ビリー・レイ監督 

主演ニコール・キッドマン

  警官の復讐と犯罪。ニコール・キッドマンの美貌の衰えを感じる。

4.    ザ・ロイヤル・テネンバウムズ  ☆☆

2001年米国制作  ウェス・アンダーセン監督

          主演ジーン・ハックマン

別れた妻と3人の子供との絆を取り戻しに、妻の家に乗り込んできた破産した父親。

5.    ラン・スルー・ザ・ナイト  ☆☆☆

2016年ロシア制作  監督レナ・ダベルヤーロフ

          主演アンナ・シポスカヤ

恋人を殺され濡れ衣を着せられたカメラマン。主人公の女の子がかわいくてきれい。

6.    われらが背きし者   ☆☆☆

2016年英国制作  監督スザンナ・ホワイト

主演ユアン・マクレガー

   ロシア・マフィアの争いに巻き込まれるイギリス人。

7.ベストセラー  ☆☆☆☆

 

  2015年英国制作    監督マイケル・グランデ―ジ

              主演 コリン・ファース

  作家のトーマス・ウルフと編集者のマックス・パーキンスの実話

をもとにしているとか。編集者の存在がいかに大きいか。大恐慌

前のニューヨークの雰囲気がいい。

8.天国へ行けないパパ  ☆☆☆

  1990年米国制作  グレッグ・チャンピオン監督

            主演ダブニー・コールマン

  定年まであと1週間、無事御身大切に過ごして来た警官が、急

に危ない任務を買って出る。何があったのか。ドタバタ喜劇。

9.ガール・オン・ザ・トレイン  ☆☆☆

 

2016年米国制作  テイト・テイラー監督

          主演エミリー・ブラント

通勤列車から人妻の不倫現場を目撃。その人妻が殺される。主人

公が精彩のない役柄なので、いまいち魅力がないのが玉に傷。 


にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

   

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

映画雑感14(2017年5月~7月)

2017-09-23 09:32:32 | 映画

 画像1  ポスター画像

映画雑感14(2017年5月~7月)

忘れないように書いている備忘録。面白さは☆で5段階。

制作年→制作国→監督→主演→一寸コメントの順です。

①   Mr.ホームズ 名探偵最後の事件 ☆☆

2015年 イギリス・アメリカ合作 

監督:ビル・コンドン 主演:イアン・マッケラン

一寸コメント:名推理は健在といっても、90歳を超えたホームズの姿は見たくなかった。真田広之が演じる日本人も絡んでくる。

②   ジョー・ブラックによろしく ☆☆☆

1998年 アメリカ

監督:マーティン・ブレスト 主演:ブラッド・ピット

一寸コメント:死神と生身の青年の2役を演じるブラッド・ピットの美貌は見る価値あり。

③   高慢と偏見とゾンビ ☆☆☆☆

2016年 アメリカ

監督:バー・スティアーズ  主演:リリー・ジェームス、サム・ライリー

一寸コメント:ベネット家の娘たちが少林寺拳法の達人で、エリザベスとダーシーの恋も命がけ。お金持ちは日本で武術を習い、貧乏なベネット家の姉妹は中国で武術を習ったという想定が、現在の中国と日本に対する見方を反映しているような、いないような。ゾンビが気持ち悪い。

④   ベン・ハー ☆☆

2016年 アメリカ

監督:ティムール・ベクマンベトフ 主演:ジャック・ヒューストン

一寸コメント:チャールトン・ヘストンの肉体的な迫力には及ばないが、ストーリーはこちらのほうが納得でき面白い。

⑤   シャッフル ☆☆ 

2007年 アメリカ

監督:メナン・ヤポ  主演:サンドラ・ブロック

一寸コメント:事故死した夫の真相がわかってくるが、夫の裏切りはなかったという視聴者を安心させる終わり方。

⑥   アウトロー  ☆☆☆

2012年 アメリカ

監督:クリストファー・マッカリー   主演:トム・クルーズ

一寸コメント:ジャック・リーチャーシリーズの中の一つ。狙撃手として告発された男が軍隊の捜査官だったジャック・リーチャーを呼んでくれと訴える。話は面白いが、トム・クルーズが年を取った。

⑦   ジャック・リーチャー never go back  ☆☆☆

2016年  アメリカ

監督:エドワード・ズウィック     主演:トム・クルーズ

一寸コメント:娘と訴える女の子と身に覚えのないジャック・リーチャーと、無実の罪を被せられた女性の少佐との3人の逃亡の行方は如何に。トム・クルーズが父親役を果たす年代になっている。

⑧   ジェイソン・ボーン ☆☆☆

2016年 アメリカ

監督:ポール・グリーングラス  主演:マット・デモン

一寸コメント:CIAから命をねらわれながら、味方するものもいる。ジェイソン・ボーンはいつまでも闇の存在。

⑨   マネーモンスター ☆☆☆

2016年 アメリカ

監督:ジョディ・フォスター  主演:ジョージ・クルーニー

一寸コメント:マネー番組で推薦した株を買って破産した男が、その番組を乗っ取る。アイデアが面白い。

⑩   キングオブエジプト ☆☆

2016年 アメリカ

監督:アレックス・ブロヤス  主演:ブレントン・スウェイツ

一寸コメント:エジプトの古代の神々の争いに盗賊ベックが絡む。エジプトの神々の名前が覚えられる。

⑪   手紙は覚えている ☆☆☆☆

2015年 カナダ・ドイツ合作

監督:アトム・エゴヤン    主演:クリストファー・プラマー

一寸コメント:アウシュビッツの生き残りの老人は認知症にかかっている。妻の死後、友人が書いてくれた手紙どおりにアウシュビッツの元看守を探して殺す旅に出る。頭は覚えていなくても体が覚えていたり、大逆転の結末がすごい。           


にほんブログ村

 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画雑感(2017年1月~4月)13

2017-05-15 23:27:58 | 映画

2017年1月から4月までに見た映画。

1.キャロル

2015年のアメリカ映画。ケイト・ブランシェット、ルーニ・マーラ出演。

年上の女に誘われてレスビアンになる若い女の話。年上の女が魔女のように見えてくる。レスビアンになる必然性がいまいちわからない。

2.ブルックリン

2015年のアイルランド、イギリス、カナダ合作映画。主演はシアーシャ・ローナン。アイルランドからニューヨークに渡った娘が、自活し夜学に通い、イタリア系の男と恋に落ち、いったんはアイルランドに戻りながら、アメリカでの未来を選択する話。主人公に普通に共感できるし、アメリカンドリームが生きている時代なので、楽しく鑑賞できる。

3.ウルフ オブ ウォールストリート

2013年のアメリカ映画。レオナルド・ディカプリオ主演。くず株を売ってお客を破滅させて儲けるウォール街の金の亡者の話。テーマがそもそもくだらないし、面白くない。

4.フォレスト・ガンプ

1994年のアメリカ映画。トム・ハンクス主演。知的障害のある青年のまっすぐな一生。現代のお伽話。

5.ハンナ・アーレント

2012年のドイツ、ルクセンブルク、フランス合作。バルバラ・スコヴァ主演。ナチスのユダヤ人虐殺をかろうじて逃れた実在のユダヤ系アメリカ人の哲学者が、アイヒマン裁判を傍聴するなかで、ナチスに協力したユダヤ人コミュニティの指導者たちの責任を問うと表明する。ホロコーストのただなかにいた人にそんなことを問えるのかと常識的には思うけれど。哲学者は無敵だ。

6.マグノリア

「magunolia映画」の画像検索結果

1999年のアメリカ映画。トム・クルーズ出演。ベルリン映画祭で金熊賞受賞。

9人の24時間。トム・クルーズがいい。マッチョな男を演じながら、内面が真逆のナイーブな男だ。不思議な映画だがとても面白い。

7.ダヴィンチコード

2006年のアメリカ映画。トム・ハンクス主演。ダン・ブラウンの原作の映画化。テンプル騎士団が守っていたものは何か。信仰を血統の問題にすり替えたように見える。あまりおもしろくない。

8.レヴェナント(蘇りし者)

2015年のアメリカ映画。レオナルド・ディカプリオ主演。アカデミー監督賞と主演男優賞を受賞。西部開拓時代の罠猟師の実話に基づいている。とても面白い。

9.キャプテン・フィリプス

2013年のアメリカ映画。トム・ハンクス主演。

ソマリア海賊に襲われ人質になった船長の実話に基づいている。あまり面白くない。

10.マネーショート

2015年のアメリカ映画。ブラッド・ピット出演。

サプライムローンのバブルが崩壊すると予測した投資家が巨利を得るまでの話。登場人物は興奮しているが見ている方は醒めている。

11.クーパー家の晩餐会

2015年のアメリカ映画。ダイアン・キートン出演。

年老いた父親の家に集まる家族たち。よくあるストーリー。 

12.シングストリート

2016年のアイルランド映画。フェルディア・ウォルシュ

公立高校に転校してきた生徒を中心にバンドを作る。音楽がいい。

13.ロスト・バケーション

ポスター画像

2016年アメリカ映画。ブレイク・ライブリー主演。

ジョーズの女性版。とても面白い。

14.エクスポーズ

2015年のアメリカ映画。キアヌ・リーブス主演。

警官が殺される。目撃者の記憶が絡み合う。あまり面白くない。

15.天使と悪魔

2009年のアメリカ映画。トム・ハンクス主演。ダン・ブラウンの原作の映画化。「ダヴィンチコード」よりわかりやすい。ローマへ行ったことのある人にとっては面白いかもしれない。

16.ジャングル・ブック

2006年のアメリカ映画。ニール・セティ主演。

狼に育てられた少年の冒険。少年を助ける動物がいたり、憎む動物もいて、動物と話ができるというお伽話。まあまあのストーリー。

17.鑑定士と顔のない依頼人

『鑑定士と顔のない依頼人』特集:裏編

2013年のイタリア映画。ジェフリー・ラッシュ、シルヴィア・フークス

鑑定依頼人が電話だけで、絶対に姿を現さない。とても面白い。

18.The departed

2006年のアメリカ映画。レオナルド・ディカプリオ

ギャングの中に潜入捜査に入った警官と、警察に入ったギャングのスパイの暗躍。

とても面白い。

19.パリ3区の遺産相続人

2014年のアメリカ、イギリス、フランス合作映画。ケヴィン・クライン主演。

相続した遺産はパリの高級アパート。しかしそこには人が住みついていて処分できない。

面白い。

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

映画雑感(2016年9月~12月)12

2017-01-14 18:13:19 | 映画

画像

昨年後半に見た映画。 

1.ゲーム   

   1997年公開。アメリカ映画。

   デヴィット・フィンチャー監督。マイケル・ダグラス主演。

   金持ちを奈落の底に落とすゲーム。

   当事者は残酷な境遇がゲームとは知らされていない。

   後味の悪い映画。

2.ブリッジ オブ スパイ

   2015年公開。アメリカ映画。

   スピルバーグ監督。トム・ハンクス主演。

   冷戦時代にU2機の米国人パイロットとソ連スパイを

   ベルリンで交換した実話。

   ごちゃごちゃ入り組んだ政治状況がわかりにくい。

3.海にかかる霧

   2014年公開。韓国映画。

   シム・ソンポ監督。パク・ユチョン主演。

   2001年に実際に起こった「チチャン号事件」を題材にしている。

   密航者を運ぶうちに事故で多数の密航者を殺してしまう。

   証拠隠滅のために密航者全員を殺そうとする船長と、密航者の女に狂う船員たち。

   船長も船員も馬鹿にしか見えない。後味が悪い映画。

4.マックス

   2015年公開。 アメリカ映画。

   ボアズ・イェーキン監督。 ロビー・アメル主演。

   アフガニスタン戦争で亡くなった兄の軍用犬を引き取った弟と軍用犬の活躍。

   戦争で傷つくのは人だけではなく軍用犬も傷ついている。

   子供向きの物語だが、見ていて楽しい。

5.ギヴァー記憶を注ぐ者

   2014年公開。アメリカ映画。

   フィリップ・ノイス監督。 ジェフ・ブリッジス主演。

   児童文学者ロイス・ローリーの「ザ・ギバー記憶を伝える者」が原作。

   情報を管理され、自分の判断や感情のままに動くことのできない楽園のような国に    

   住む若者。真実を知るために楽園から脱出しようとする。

   真実を求める切実感が薄い。全体に絵空事の感がぬぐえない。

6.フィラデルフィア

   1993年公開。アメリカ映画。

   ジョナサン・デミ監督。 トム・ハンクス主演。

   エイズを発症した弁護士が法律事務所から解雇される。解雇が不当であるという訴  

   訟をおこすが、助けてくれる弁護士がいない。

   エイズもおそろしいが、エイズと同性愛に対する偏見もすさまじい。

   トム・ハンクスとデンゼル・ワシントンのフアンになる。

7.風吹く良い日

   1980年公開。韓国映画。

   イ・チャンホ監督。アン・ソンギ主演。

   地方から出てきて、都会の底辺で働く若者の鬱屈。

   そして金持ちは老いも若いも悪党ばかりで、憎い、憎い。

   うんざりする映画。

8.今は正しくあの時は間違い

  2015年公開。韓国映画。

  ホン・サンス監督。チョン・ジェヨン主演。

  前半が同じで後半が違う2つの話。

  少し変えただけで話がこんなに変わるのかと驚き。

9.ひと夏のファンタジア

  2014年公開。日本・韓国合作。

  チャン・ゴンジェ監督。キム・セビョク主演。

  奈良にやってきた韓国人が出てくる二つの話。

  一つはシナリオハンティングに来たグループの話。

  もう一つは韓国人の若い女性と柿農家の青年との淡いラブストーリー。

  どちらも淡々としてドラマもない。主張のない映画。   

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

   

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加