11月園だより

~体調管理には気を付けてお過ごしください~
園長 箱山 拓
 秋の気配も深まり、木々も少しずつ秋色に染まってまいりました。
 園庭の柿の木にはたくさん実がなり、年長組の子どもたちが収穫をする体験活動を行いました。
 この季節は、朝夕と日中の気温の変化が大きくなります。子どもたちの中には、体調を崩すこともあります。園では、屋外から帰った際には、手洗いやうがいを行い予防に努めています。ご家庭でも帰宅の際や食事の前には手洗いやうがいの習慣づけ、十分な睡眠とバランスのよい食事にご配慮をお願いします。

~運動会のお礼~
 
 運動会には、保護者の皆様にたくさんご参加いただきまして、ありがとうございました。今年度も残念ながら天候が不良となり、向台小学校の体育館において開催しました。限られたスペースでの実施により、ご不便やご迷惑をおかけしたことと存じます。皆様のご理解とご協力をいただき、無事に終わることができましたことを心より感謝致します。
 今年度は、乳児クラスは「親子でのふれあい」をテーマに行いました。いつもの環境と違う場所で、たくさんのお客様の前で不安になる子どもたちもおりましたが、保護者の皆様と一緒に競技に参加しながら笑顔でゴールする姿はとても微笑ましく拝見しました。
 幼児クラスでは、親子競技や子どもたちの競技を行いました。かけっこ・リレー・お遊戯・パラバルーン・組立体操など、子どもたちの一生懸命取り組む姿に驚き、感動をたくさんいただきました。
 今回の運動会を終えて、友だちと一緒に力を合わせて取り組む楽しさの体験や、最後までやり遂げ、満足や自信を持つ体験が出来たと感じています。
 これからさらに、いろいろなことへ興味や関心が広がり、自らの意志で挑戦しながら、心も体も大きく成長してくれると信じています。
 今後も当園の運営へご理解とご協力をお願い申し上げます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


10月園だより

「運動会に向けての新たな取り組み」 
  園長 箱山 拓

  虫の音が聞こえ、秋の気配が感じられる季節となりました。
  毎日、園庭・ホール・お部屋から子どもたちの歓声や元気な声が聞こえてきます。
先日、運動会を行う会場(向台小学校様のご厚意でお借りできました。)にて、0歳児から2歳児の乳児クラス、3歳児から5歳児の幼児クラスにわかれて、運動会のリハ-サルを行いました。当園のホ-ルや園庭よりも大きな会場を知り、子どもたちが安心して運動会を迎えられるように配慮し行いました。
今年度の運動会は、乳児と幼児を分けた二部制にして行うことにしています。分けて実施することについては、職員全員で話し合いを行いました。
乳児にとっての運動会は、①「子どもたちが安心して参加出来る環境への配慮」②「親子でのスキンシップを大切にした活動」が出来るように広い校庭よりも、体育館を使用し子どもたちの心身の負担を考慮して短時間で行うことにしました。
幼児にとっての運動会は、①「友だちと一緒に力を合わせて最後までやり遂げる体験」②「自分で考えながら工夫する体験」③「体を存分に動かすことを楽しむ体験」が出来るようにそれぞれの子どもたちが楽しみながら挑戦できるように、幼児クラスだけのプログラムで行うことにしています。
保護者の皆様の中には、戸惑いや不安になられた方、兄弟児が在籍しご負担をおかけすることもあると思います。
当園では、子どもが主役と考えています。子どもたちにとっての運動会の在り方について考え、それぞれの年齢や心身の発達に考慮しながら会場(環境)の選定、プログラムの構成の検討を行い、二部制の実施を導入しました。 
各クラスの担任は運動会へ向けてそれぞれの子どもたちがどのように関わり、楽しみ、取り組んでいるのかを知り、その子の思い、気持ち、意思を大切に受け止めながら、関わっています。いろいろな遊びや活動を通じて経験し成長した子どもたちの姿をみていただきたいと思います。
当日の運動会では、あたたかく見守り、励ましの声援をいただければ幸いです。
ご理解とご協力をお願いします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


9月 園だより

*二学期を迎えて!*
園長 箱山 拓
 先日の夕涼み会には、たくさんの保護者の皆様のご参加をいただき誠にありがとうございました。それぞれのコ-ナ-で親子が一緒に楽しむ姿を拝見し私ども職員もとても嬉しく感じています。夏の季節を締めくくる行事が1つ終わりました。
 今年の夏は天候が思わしくない日が続きました。園では、夏ならではの遊びを子どもたちに存分に体験させることができずとても残念に感じています。そして気が付くと園庭で聞こえていた蝉の音も少しずつ弱まり、いつしか草むらの虫の音が響くようになり、桜の葉は少しずつ葉を落とし、年長児クラスが栽培している稲が穂を垂れています。もう秋の気配が感じられるようになってきました。
 これからの時期は、秋に向けて気候がすこしずつ変わり過ごしやすくなります。子どもたちにとってとても活動がしやすい時期です。秋ならではの遊びや体験ができるように、それぞれのクラスで工夫しながら様々な活動を通して、さらに友だちとの関係が深まり自分を中心にして周りの環境に積極的に関わっていけるように、その子なりに楽しいことを見つけ、伸びのびと色々なことへ挑戦して育って欲しいと願っています。
そして、秋の大きな行事に運動会があります。これから運動会に向けて子どもたちがどのように受け止め、どう関わっていくのかとても楽しみです。そして取り組む過程の中で子どもたちなりに期待感や喜びをもって歩んでいけるように配慮し援助して取り組んでまいります。
ご家庭でも秋に向けての生活の変化、「秋の食材」「秋の自然」などの体験や気付き、興味や関心がもてるように工夫し楽しんでいただければと思います。 
二学期もどうぞ、よろしくお願い致します。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


7月 園便り

~ 梅雨の季節から夏に向けて ~
園長 箱山 拓

梅雨の季節に入り、じめじめした日や暑い日があり気候が不安定な日が続いています。年長組さんが植えた稲の種は芽を出しすくすくと伸びています。登園すると子どもたちは、自分の栽培している稲を楽しそうに観察している姿がみられます。園庭の木々や植物はすくすくと成長し深い緑の葉をつけています。梅雨は、四季の営みの中では大切な季節の一つです。雨の降る音や様子、園庭にできた水たまり、流れる水の動き、植物の成長する速さなど、目を向けると子どもたちにとって魅力的な素材がたくさんあります。この時期だから出来る遊びやこの季節にしかできない遊びを年齢にあわせて子どもたちが楽しめるように関わっていきたいと考えています。
そしてこの梅雨の季節も本格的な夏の季節へ移ります。晴れた日には戸外での活動も積極的に行います。気温や気候等を配慮し子どもたちの体調を優先しながら夏あそびを存分に楽しめるようにすすめて参ります。
また、夏特有の感染症には「プ-ル熱」「リンゴ病」「手足口病」「とびひ」などがあり注意が必要です。特に今年は、「手足口病」の感染率が高くなっているという医療機関よりの報告もあります。当園では子どもたちの日々の健康状態に注意しながら関わっています。気になる時や心配な時には保護者様へお知らせをいたしますので速やかな受診をお願いします。     
ご家庭でもお子様の体調管理にはご留意くださり、「十分な睡眠」「バランスのとれた食事」「手洗いの励行や体(皮膚)の清潔」を心がけ、この季節を子どもたちが健康に乗り切れるようご協力をお願いします。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


6月 園だより

・・・ 梅雨の季節をむかえて ・・・
園長 箱山 拓
木々の緑が深まる季節となりました。園庭の池の中では、オタマジャクシに手脚が生え水中や岸際にいる姿がみられます。子どもたちは、その生き物の変態した様子に大変興味を持ち、捕まえたり、動いている様子をじっと観察したりする子もおります。自然の営みの一端に触れた子どもたちは、これからどんなふうに生き物との関わりを楽しんでくれるのか見守っていきたいと考えています。
先月の遠足および保育参観へご参加くださいまして誠にありがとうございました。
遠足は、天候が不順により、残念ながら園内での交流という方法で実施させていただきました。短い時間でしたが親子でのふれあいの時間を楽しんでいただけたことと思います。
また、保育参観では、お子さんの園での生活の様子を見ていただきました。入園・進級して2カ月が経過します。その期間の中で保育者や友だちと一緒に過ごしながら遊びを通していろいろなことを経験し少しずつ歩んでいます。

6月は、梅雨の季節です。この時期は天候が不順な日が多くなります。そのため、室内での活動が増えていきます。室内やホールを利用しながら静かな活動・動きのある活動を子どもたちの状況に応じて工夫して取り入れていきます。また、天候や気候の変化によって気温差があったり、雨の日が続くと湿度も高くなったりします。子どもたちは身体の機能は大人と違い未発達です。高温多湿の環境で体温の調整がうまくいかず熱が体内に蓄積されることがあるため、熱中症などにならないよう注意が必要です。当園では子どもたちが健康に過ごせるように、それぞれの子どもの様子を観察しながら、こまめな水分補給や室温調整など環境に配慮して参ります。
 ご家庭でも、朝の食事摂取や水分の補給にはご配慮ください。日々のお子様の様子を観察し小さな変化にも気を配りながら健康に過せるようにお願いします。    
また、体調等で気になることがありましたら、登園時に必ず職員へお知らせください
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ