花紅柳緑~院長のブログ

京都府京田辺市、谷村医院の院長です。 日常診療を通じて感じたこと、四季折々の健康情報、趣味の活動を御報告いたします。

夏に百合を生ける│大和未生流の稽古

2017-07-17 | アート・文化
大和未生流本部の夏期特別講習会が毎年、奈良春日野国際フォーラムで開催される。本年は7月9日、御家元の御講義が午前に、副御家元の実技御指導が午後に行われた。練習花材の木賊と百合を家に持ち帰り、頂戴した御言葉を反芻しながら玄関に生け直した。用いた花器は本講習会で下された信楽焼の黒水盤である。緑を帯びた硬い蕾が時間ととともに少しずつ開いて、百合の花が占める位置のmassを増大させてゆく。総括で取合せ候補として推奨なさった芒を用いて木賊に替えるべく、翌日、庭の一画に生い茂った矢筈芒を取り合わせてみた。





京都寺町で求めた大正13年の木版画である。所属する流派とは何ら関係ない生け花の画であるが、後学の為に折に触れて収集してきたコレクションの一枚である。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都に夏が来た | トップ | 射干(やかん) »