銀の月の彼方へ 〜岡庭矢宵のブログ〜

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ペサハ 〜過ぎ越しの祭り 2016 その2. "セデル”と"ハドゥ・ガディヤ”

2016-04-29 21:26:25 | 日記
さて、”その2"では、ペサハ初日の夜の儀式的食事、"セデル” について語ってみたいと思います。

"セデル”とはヘブライ語で”整える”という意味の”レサデル לסדר"という動詞から来ています。転じてそれが ”式次第”という意味になります。

セデルで用意される食材にはすべて意味があります。
日本でいうところのおせち料理に近いかも。

”マロール“ (セロリ。転じて”苦い菜” エジプトでの苦役を思い起こす。)
"カルパス“ (野菜。エルサレムの神殿時代、オードブルとして最初に野菜を食べていた)
"ハゼレット“ (セロリよりも苦い菜)
”ゼロア“  (子羊の前脚のロースト。神の力強い手を示す)
"ベイツァー” (卵。エルサレム神殿時代の犠牲の捧げ物の象徴)
"ハロセット" (マッツァにつけて食べるジャム。りんご、クルミ、シナモン等を混ぜてワインで煮詰める。エジプトでの奴隷の際に課せられたレンガ積みに使ったペーストの象徴)


さて、これらの食事を目の前に粛々と唱えられるのは"ハガダー”と呼ばれる、ペサハの為の特別な祈祷文。
ここでは、モーセに率いられてユダヤの民がいかにしてエジプトから逃れていったかが語られます。

祈りの中では何度かワインが飲まれますが、エジプトの王、ファラオが登場する場面では、当時、支配者たちが寝転びながらワインをたしなんでいたことにちなんで、祈りの中では椅子にもたれかかって寝そべるようにしてワインを飲むのも儀礼のうちの一つです。

このハガダーが長い!目の前に食事があるのになかなか手が届かない。これだけでも充分に苦難です(笑)
もっと大変なのは、退屈な祈りを我慢してずっと待っていなければならない子供たち。
そんな子供達のために用意された、ハガダーの最後に出てくる、”ハドゥ・ガディヤ”という、楽しい歌があります。
動物たちが登場して、どんどんたたみ掛けるようにして歌われる歌で、子供たちも眠くなりそうなところからパチっと目が覚めて、大喜びでこの歌を歌います。


父が二枚のコインで子山羊を買ってきた
猫がきて、その子山羊を食べた
犬がその猫にかみついた
その犬はムチで打たれたそのムチは火で燃やされた
水がその火を消した
牛がその水を飲んだ
屠殺者がその牛を殺した
その屠殺者は死の天使に殺された
死の天使は神様に滅ぼされた


子供たち向けのものとはいえ、なんだか「輪廻転生」とか、そういったものを思わせる内容ですが、やはり実際、この内容はユダヤ民族の運命を子山羊に例えて最後にメシアの到来がやってくることを述べたものであるとか、宇宙の法則を語ったものであるとか、人間の誕生から審判の日までを描いたものであるとか、様々に解釈されているようです。

イメージでいったら、どんどんたたみかけていくあたり、”ずいずいずっころばし”に似た雰囲気があるような感じです。
”ずいずいずっころばし”も何か深淵な意味がありそうですが、どうなんだろう?^^☆☆ 子供の歌に隠された暗号?のようなものって、結構ありそうな気がします。


ユダヤ音楽研究の第一人者であられる水野信男先生は、このハドゥ・ガディヤに関して、アフガニスタンの古都へラートにこの歌とそっくりな内容の歌があると指摘されています。それだけではなく、ヨーロッパから中東にかけて、この内容と似たような詩というのは少なからず存在するようです。おそらく、もとをたどればこの「ハドゥ・ガディヤ」に行き着くでしょう。
まるで歴史の内側に面々と息づく地下水脈のようで、パズルを組み合わせていくような、そんな感触に覚えさせられます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペサハ〜過ぎ越しの祭り~ 2016

2016-04-29 18:08:39 | 日記
”過ぎ越しの祭り”

キリスト教に詳しい方は、よくご存知かと思います。
そう、イエス・キリストが受難にあう前日、弟子達とともに過ごした最後の一夜、”最後の晩餐”とは、ユダヤ教の”過ぎ越しの祭り(ペサハ)”の初日の儀式的な食事のことなのです。
このお祭りは”春分の日から数えて最初の満月の夜”から始まり、1週間続きます。昨日で2016年の”過ぎ越しの祭り”は無事に終了しました。


”ペサハ”(英・passover)とは、ユダヤの民がモーセに率いられてエジプトを出る際、ファラオがこれを邪魔しようとしたことで神が怒り、エジプトに十の災いをもたらします。その”十番目の災い”とは、人間、家畜に至るまで、エジプト中の”すべての初子を撃つ”というものでした。そこで神はモーセに、”戸口に子羊の血を塗ったしるしのある家は通り過ぎていく”ということを伝えます。そのおかげでしるしを施した家に災いは及びませんでした。”過ぎ越しの祝い”は、この”災いが過ぎ越していった”ことを記念する祭り、エジプトを出る際の苦難を思い起こすものなのです。



モーセの”出エジプト”は、エジプト軍に追われて絶対絶命に陥ったユダヤの民の前でモーセが神に祈ると、目の前の紅海が真っ二つに割れて道が出来たという、あの場面でもとても有名ですね。


モーセは神と民とをつなぐ、メッセンジャーのような役割を果たしていました。聖書では、神と民の間の、どちらの言い分も聞いてその度に心を悩ませ、苦悩するモーセの人間味溢れる姿が描かれています。まるで今でいう”中間管理職”をも思わせる感じ(笑)興味ある方は旧約聖書の”出エジプト記”を読んでみて下さい。




さて、”エジプトを出て、約束の地へ向かえ”という、神の命令を受けたモーセはそれを人々に伝え、さっそく準備を始めます。
まずは当面の食料。この時、主食ともなるパンを焼いて食料にするわけですが、普通、パンは生地を練ってからイースト菌が発酵して生地が膨らむまで、しばらくの間寝かせます。
しかしこの時はそんな悠長なことをしている時間はありませんでした。生地が膨らまないうちにどんどん焼いて食料にしてかばんに詰め込みました。
この”膨らまないパン”を”マッツァ(種なしパン・”種”とはイースト菌のこと)と呼びます。
ユダヤのペサハではこのマッツァを、エジプトを出る際の苦難を思い起こす記念として、ペサハの間の一週間、パンは食べずにマッツァを食べます。
それどころか、ペサハに入る前日までには台所を隅々まできれいにして、”イースト菌を取り除く”という作業をします。転じてペサハは"除酵祭”とも呼ばれ、あらゆるイースト菌の入ったものはこの時期、禁止になります。なのでビールも禁止^^; 小麦粉、小麦を使った製品も一切禁止(パスタ等も×)という期間なのです。


先にも述べたイエス・キリストの”最後の晩餐”。
この時の食事はまさにペサハの初日の儀式的な食事"セデル”でした。そう、この時はすでに、パンはいつものふかふかのパンではなく、クラッカー状の種なしパン、マッツァです。
ミサの典礼文では“主イエスはすすんで受難に向かう前に、パンを取り、割って弟子に与えて仰せになりました”という、「割って」という表現、これはまさしく、マッツァのことを差しているんですね。
そして、儀式ではワインが飲まれます。儀式用の甘いワイン。
でもこれも、”イースト菌はダメ”でなかったら、もしかしたらビールでも良かったのかも...。
”最後の晩餐”がビールだったら、と想像すると、ちょっと緊張感が半減しそう(笑)



(写真は箱売りのマッツァ。このクラッカー状のものがそう。普通のクラッカーより固め。おこげの部分はおせんべいを思わせるお味☆)







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エラの谷

2016-03-14 15:15:57 | 日記
すっかり春めいたイスラエル。
この時期は色とりどりの花が咲き、聖書に出てくるイエスの「野の花のたとえ」をまさに実感できます。

そんな中、先日友達の家からちょっと車で走っていた時, 彼女が突然、
「ヤヨイ, ここはダビデ王とゴリアテが戦った場所だよ。」ええぇ〜!!! ☆☆☆

なんてことない、緑が豊かな風景。でもその背景にはあのダビデ王にまでさかのぼる歴史が...!!


ダビデとゴリアテの話。

旧約聖書サムエル記上の17章で, まだ少年だったダビデが知恵を使って, 自分より何倍も大きな体の巨人ゴリアテを, その額に目掛けて石を投げ, 見事に倒しサウル王の信頼を得た, という話。この辺一帯は、聖書で"エラの谷"と呼ばれています。

その後もこのあたりは城がたっては一帯すべてが焼き滅ぼされる, ということもあったようですが, 今ではかつての城の跡を緑の草木が豊かに覆い、まるで何事もなかったような静かでのどかな場所。まさに"兵(つわもの)どもが夢の跡”という言葉を彷彿とさせる姿...。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます☆Tokyo FMラジオ出演のお知らせ

2016-01-16 13:21:07 | 日記
みなさん、明けましておめでとうございます!今年も張り切って参りま〜す☆どうぞよろしくお願いいたします♬

新年...といってもここイスラエルでは新年らしさはほとんど感じられず^^; ユダヤ暦の新年は秋からなのです。がんばって新年を感じるしかない(笑)


といったところでお知らせです。
明日の早朝(!)ですが、4:30~5:00にTokyo FM「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」にゲスト出演します。昨年11月の日本ツアーの際に収録したもので、イスラエルでの生活のことやセファルディの歌について、またイスラエルの音楽事情、イスラエル・ジャズについてなどもお話させて頂いています。


30分という時間は楽しくお話させて頂いている間にあっという間に過ぎてしまいました。
ツアーで共演したジャズピアニスト、ギラッド・ハツァブも共に出演しています。
少々早い時間ですが、ぜひお聴き頂きましたらとてもうれしいです!



「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」

DJ:田中美登里
ゲスト:岡庭矢宵(セファルディ歌手)
    ギラッド・ハツァブ(イスラエルのジャズ・ピアニスト)
    関口義人

テーマ:セファルディの歌、イスラエルのジャズなど


2016年 1/17(日)4:30~5:00am Tokyo FM & radiko.jp(インターネット首都圏限定)
1/17(日)4:00~4:30am K-Mix
1/17(日)0:00~1:00am MusicBird The Audio
1/17(日)6:00~6:30 コミュニティFM サイマルラジオ向け専用配信


(MusicBirdはTokyo FMグループの高音質CS衛星デジタルラジオ。クラシック、ジャズなどのジャンル別に多数チャンネルがあり、これを聴くには専用のチューナーとアンテナが必要)


☆コミュニティFMサイマルラジオへはHPにアクセス後、http://www.simalradio.info
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」をサイマル放送している局の〈放送を聴く〉の部分をクリックするとお聴き頂けます。PC、スマホからでもお楽しみ頂けます。(サイマルラジオを聴くにはwindows Media playerが必要です)


どうぞお楽しみに!!!今年もどうぞよろしくお願い致します☆☆☆



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギラッド・ハツァブから日本のみなさまへのご挨拶

2015-11-11 12:18:24 | 日記
さて、今日の夜、私は日本へ出発します☆
ギラッドは次の日の13日にやってきます。
彼から日本のみなさんへのメッセージです。


☆日本のみなさん、こんにちは。日本でみなさんにお会いできることをとてもうれしく思っています。ツアーは東京を中心に開催され、ピアノソロ、ピアノトリオ、そして今回は新しいプロジェクト、セファルディ(ラディーノ)とジャズのコラボレーションを展開します。

セファルディ(ラディーノ)とは、スペイン系ユダヤ人に伝わる歌で、トルコ、ギリシア、ブルガリアなどの間で伝えられてきました。

私は今回、このセファルディの歌にアレンジを加えて音楽を創りましたが、最高にクールな仕上がりとなりました!
11/19から11/23にかけての私達のツアー、ぜひみなさんと素晴らしい時間を過ごしたいと思います。




(以下、ギラッド本人からのメッセージです)
Gilad Chatsav Japan tour November 2015



I’m very happy to share some exciting news with you - I will give a series of concerts in Japan, most of them in central Tokyo.
The program is a combination of three projects: my piano solo, my trio’s music and a brand NEW project dedicated to Ladino music and culture.

For those of you who are unfamiliar with Ladino, it's traditional Jewish Sephardic songs from Turkey, Greece, and Bulgaria etc...

We've put up a program of arrangements I wrote for Ladino melodies and jazz harmonies, the result of which is really cool!! I will be performing in Tokyo between the 19th till the 23rd of November 2015 and will be happy to see you or hear from you!



Japan tour 19th-23rd November 2015


19/11/2015 Knob Roppongi,Tokyo | 19:00 | www.geocities.jp/knob_2012/index.html

20/11/2015 com.cafe Otokura Shimokitazawa Tokyo | 19:00 | http://www.otokura.jp/schedule.php
Ladino - Jazz with singer Yayoi Okaniwa

21/11/2015 Epinard Ōiso, Kanagawa | 19:00 | Ladino - Jazz with singer Yayoi Okaniwa http://www.epinard.net

22/11/2015 (Absolute Blue, Tokyo) ) |19:00 | Piano solo - compositions & arrangements

23/11/2015 opens for jam Knob’s Jam session Roppongi, Tokyo | Gilad Chatsav standard Trio




Musicians and jazz lovers, if any of you around, meeting or attending one of the shows, is a must!
I will be very happy to hear from you

Thanks,

Gilad Chatsav


Facebook event for all shows www.facebook.com/events/1520769321568031/

Contact Gilad
www.giladchatsav.com

Mail: giladmusicATgmail.com
Skype ID giladmusic
+00972504774664
コメント
この記事をはてなブックマークに追加