ゆうちょ 投資信託まとめ

ゆうちょ 投資信託まとめ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

生きたトレード戦略を持とう。

2016-10-25 04:08:08 | 日記







<form method="post" action="http://ko1ro.net/ad/do" target="_blank"><input type="hidden" name="mid" value="bl02" /><input type="hidden" name="fid" value="svPa9Z" /><input type="hidden" name="charcode" value="auto" />
*普段お使いのPCメールアドレス(Gmail、Yahooメールなど)
<input type="text" name="d[0]" value="" size="80" />
<input type="submit" name="submit" value=" 無料だし、とりあえず貰っておく " />
</form>
ここでは為替取引についての基本的要因に携わるエピソードです。

FX(外国為替証拠金取引)というのは自分で決めたお金を預託してその金額から最大25倍までの為替を売り買い可能なもののことを指します。

貨幣の値打ちを見分けて、売りも買いもどちらも可能になっている明快な制度となっています。

概ね為替取引というものは大体国際為替の事を言う場合が普通です。

為替とは※自分で現金の送金をすることなく金銭の受け渡しの目的を為すもの※になります。

外国為替証拠金取引のやり方は二種類の通貨を売買してそれら通貨の差額を儲けられるといった方策なのです。

こうした二国のお金の中で出る差をスワップ金利といいます。

こういった外国為替証拠金取引のスワップ金利(スワップポイント)を取得することを目的に、FX(外国為替証拠金取引)の為替の取引をやっているみなさんもいるのです。

スワップポイントはそのFX業者によって違うところがあるため可能な限りスワップ金利が高い業者で取引したいものですよね。

あまり変動しない銀行預金の少しの利息を貯めるよりも、外国為替証拠金取引(FX)はポジティブな資産管理を現実のものとする経済状況を認識せざるを得ない金融商品であろうと言っても良いでしょう。

外為といえば両国の金の交換を示します。

重要な時に真っ当な見方が出来なくなる。

リスクを負います。

その分自身の考え方が客観的な時に、ちゃんとした事前準備をしておくことが大事です。

"その""準備""のためには"とにかく自らの物語を作成する事から始めます。

将来の相場はこうなってああなるからこの通貨を勝負するというような自分なりの台本を書いていきます。

次に大事なのはローソク足チャートをチェックする事です。

これまでのマーケットの上下動を調べて、取引するのが間に合わないなと考えたならばエントリーしないで、ここはきっぱりと諦めることが不可欠です。

誰でも、月21万円から月57万円程度の現実的な不労所得を手に入れる、シンプルで簡単で、匿名で取り組めるキャッシュマシンテンプレート(実演動画付き)を無料プレゼント
<form method="post" action="http://ko1ro.net/ad/do" target="_blank"><input type="hidden" name="mid" value="bl02" /><input type="hidden" name="fid" value="svPa9Z" /><input type="hidden" name="charcode" value="auto" />
*普段お使いのPCメールアドレス(Gmail、Yahooメールなど)
<input type="text" name="d[0]" value="" size="80" />
<input type="submit" name="submit" value=" 無料だし、とりあえず貰っておく " />
</form>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トレードに対する思考「三日... | トップ | トレードも時間もコントロー... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。