HANA-ROOM

希望を捨てずに・・・
明るくすごす・・・

気温が下がってくると頭が痛くなる

2016年09月18日 | 秘密ごと
昨日からお弁当作り再会頭が痛い
夏場はお弁当が腐るので保冷剤を付けても駄目だと言うので
楽してお弁当を作らなかったんですが、先週の金曜日の夜急に
もう涼しく成ったからお弁当また作ってくれよと主人が言い出したので
「フン」と小さい声で言ったつもりが聞こえていたらしく
それじゃ家計費削るからお弁当外で買うよ栄養が偏って早死にしたら
私の責任だと言うので、「買い物していないから鮭弁だ」と言うとそれで良いと
私の嫌なのは朝早いのが嫌なのじゃ無くて、職場の看護師さんが私のお弁当を
見るようなので何時も同じのばかりでは駄目だと見栄を張らずにいられない。
プレッシャーが掛かる。
最初週に3日ぐらいお弁当だったのに今は週に5日
お弁当箱数個持っているのですが主人は重たいから使い捨てのにしろと言うので
108均の使い捨て弁当箱にしたのですが、又都合の悪いことに弁当箱鞄の中に
真っ直ぐに入らないので横にして入れて持って行くので、おかずも御飯も
隅っこに集まって中がメチャクチャ看護師さんの中に「今日のお弁当なんですか
見せて下さい」と言う人がいて弁当の中を見られてしまうそう。
そんなことがあるので毎日のお弁当作りは作るよりも誰かに見られたくないと思い。

やれやれまた弁当作りの毎日が始まる。
昔を思い出すと1日に2個お弁当持って行った日があってそれを両方とも食べずに
持って帰ってきたときはさすがに腹が立って両手に一つずつ持って流しに片方のお弁当を
ボンもう片方のお弁当もボンと流しに放った。
凄く悔しかったけれど気持ち良かった。
職場に食堂があるのですが忙しくて食堂まで行けないので弁当二個作ってと言ったので作って
渡したら何も食べなかったからワザワザおかずの種類を変えてあげたのにと

あの頃は忙しくても本当に充実していた毎日でした。

今みたいに放射能の心配しないでスーパーで鮮度だけ気にしていれば良かった時代は
終わってまた食材探しに苦労します。

面白くない話ですいません。
お弁当作りで頭抱えるのは家族のお弁当を作るお母さんですね。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月17日(土)のつぶやき その2 | トップ | 民進党蓮舫新代表は何故野田... »