HANA-ROOM

希望を捨てずに・・・
明るくすごす・・・

駆けつけ警護が実施可能になった自衛隊員の安全を確保して!

2016年12月13日 | 政治経済
日刊ゲンダイより
現地は戦闘激化も…南スーダン駆け付け警護が実施可能に
http://bit.ly/2hoOSNV


 「駆け付け警護は、襲撃に遭った国連職員やNGO関係者から要請を受けて、
自動小銃を携行した警備隊員らで編成する約60人の部隊が駆け付け、救出する任務。」

南スーダンは相当危険な場所なのに、小銃一つで駆け付け警護出来るのでしょうか?
それよりも自衛隊員の安全が確保出来るか心配です。

安全が確保出来ないときは「部隊を撤収する」と稲田大臣が言っているようですが、責任取らない
政府だから、しかとして任務を続行させるのではないのか?

政府は自衛隊員に犠牲が出るのを待っているようだ。
そうしたら憲法9条改正しやすいと考えているのでは?

今入ったニュースによりますとオスプレイが沖縄沖で不時着したそうです。
乗務員は救助されたもようです。
乗務員が助かったのは良かったですが、住宅街や街中に不時着したらと思うと許されませんね。
オスプレイは安全だと誰が言ったのか責任取らない政府いい加減にして!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カジノ法案 毎日新聞より | トップ | 12月13日(火)のつぶやき その1 »