HANA-ROOM

希望を捨てずに・・・
明るくすごす・・・

中曽根内閣は「教育勅語」を否定していた。

2017年04月05日 | 政治経済
日刊ゲンダイより http://bit.ly/2oFZVD9
中曽根内閣は「教育勅語」を否定し是正勧告を出していた
右よりだと思っていた中曽根氏が教育勅語否定していただなんて感激!
そして中曽根政権下で教育勅語を否定し是正勧告をしていたのもいいです。

中曽根政権当時の高校で生徒に教育勅語、素読させていた高校が有ったとは
驚きです。

その頃は受験で一分一秒が大事でそんな教育勅語を生徒が素読する暇があったら
英単語の一つでも覚えろと教師に言われたのではないでしょうか?
高校生に教育勅語を素読させるような高校に親がよく行かせたと思って見識を疑います。

慶大名誉教授の小林節氏はあきらかに教育勅語を学校教育に導入するのは明らかに意見。
憲法学者じゃなくても殆どの常識が有る方は教育勅語を教育に取り入れるのは、子共の
教育上良くないと御存知です。

さ~明日からまた緊張する日々が続きます、政治から目が離せません。
共謀罪=テロ等準備罪が国会で審議入りするそうですから。

この法律は有っては成らない法律で、自公だから余計悪法になります。

だけど次々に議員の人数が多いからと図に乗って強行採決とか閣議決定する。
それが国民の合意が無いままに。
自公の議員次の選挙も当選すると自信満々なのでしょう。

また今日も最後違う話題に成ってしまったようです。

明日の4月6日午前8時30分~11時までgooのメンテナンスの為ブログサービス停止するそうなので
ご了承お願い致します。

遅くまでも有り難う御座います。
また明日も宜しくお願いします。m(_ _)m
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いよいよ明日「テロ等準備罪... | トップ | 4月5日(水)のつぶやき その1 »