HANA-ROOM

希望を捨てずに・・・
明るくすごす・・・

加計問題、解明されていない問題明らかになるか?

2017年07月23日 | 政治経済
赤旗記者さんのtweet http://bit.ly/2uMjHCT
〈今治市関係者がこう語る。「実は、このとき面会したのは経産省出身の柳瀬唯夫首相秘書官(当時)。
『希望に沿えるような方向で進んでいます』という趣旨の話をしたと伝わっています〉

AERAdot.より
スクープ! 加計疑惑 官邸で今治市と密会した“真犯人”は安倍首相の懐刀 特区申請前になぜ?〈週刊朝日〉
http://bit.ly/2eFgjTZ

記事より
安倍晋三首相が出席し、7月24、25日に行われる国会の閉会中審査。
これまでの審議では、加計学園問題について多くの疑惑が未解明のままになっている。
その一つが、2015年4月2日、愛媛県今治市の企画課長と課長補佐が首相官邸を訪れていたことを示す
今治市側の記録があることだ。

注目する人物がもう一人いましたtweetでは良く出てくる名前です。
経産省出身の柳瀬唯夫首相秘書官(当時)。柳瀬氏
柳瀬氏は15年8月に経産省に復帰し、現在は事務次官に次ぐ地位の経済産業審議官に就いている。

しかし加計問題関係者は忘れたとか知らないとかそんな発言ばかりで本当のことは何も喋らない。

森友や加計関わっている官僚や官僚出身の政治家は誤魔化すのが得意みたいですが
何故かと言うとそのような習性がついていて強い者に寄り添い強い者がいなくなったり
弱くなったりしたら、また新しい強い者について行き立身出世の為になりふり構わず進んでいく。
記者会見で発言しているのを見ていると保身の臭いがプンプンしてくる。

自分さえ良ければ知ったこっちゃないと、そんな人が要領よく出世するから腹が立つ。

同じ官僚出身でも前川氏と比べたらあの人達は月とスッポンですね。

明日の国会閉会中審査是非野党議員の方に頑張って欲しいです。

明日この方達が参考人として国会に出席します。



追記

柳瀬唯夫は、静岡県出身の55歳。1984年に東大法卒、旧通産省に入省。官房審議官、首相秘書官、15年経済産業政策局長、17年7月より経済産業審議官。

この方だそうです写真


『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日の衆議員予算委員会予定... | トップ | 自由党の山本議員7月21日... »