HANA-ROOM

希望を捨てずに・・・
明るくすごす・・・

原熱、部品28年交換せず出火!

2017年08月09日 | ニュース
福井新聞より  原燃、部品28年交換せず出火青森のウラン濃縮工場
http://bit.ly/2upixtH


記事より

日本原燃のウラン濃縮工場(青森県六ケ所村)の補助建屋で7月に発生したディーゼル発電機の制御盤の出火は
部品を製造から28年間交換せず、経年劣化で過度に電流が流れたのが原因だったことが8日
原燃関係者への取材で分かった。

 7月7日午後、試運転中の発電機から出火し、すぐに鎮火。原燃は7月下旬に原子力規制委員会に原因を報告した。
関係者によると、規制委は「部品の保証期間や交換推奨期間は10〜15年で、長く使い過ぎだ」とずさんな管理態勢に苦言を呈したという。
原燃が再発防止策の取りまとめを進めている。ここまで

28年間交換しなくても大丈夫だとでも思っていたのか?
ずさんな管理六ヶ所村でこれですから他の原発の部品交換適切にしているのか分かったものじゃない。

この記事の新聞、福井新聞も原発銀座と言われている福井の原発もちやんとチェックしてください!
政府や原子力規制委員会は信用できないのでせめて地方新聞ぐらいは見張って下さい。

県民の安全は地元でチェックするしか無いかも知れません。
放射能漏れでもしていたら、ただじゃすまされないでしょ!

放射能を扱うのには命がけで真剣に作業をしてもらわないと、取り返しのつかないことに成りますよ!
ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長崎原爆の式典で安倍首相の... | トップ | 8月9日(水)のつぶやき その1 »