HANA-ROOM

希望を捨てずに・・・
明るくすごす・・・

残業代0法案容認してしまった連合、労働者の敵に成ったんですね。

2017年07月14日 | ニュース
連合の神津会長は安倍政権の法案を容認してしまったそうです。

日刊ゲンダイより  残業代ゼロ法案を一転容認…「連合」は誰の味方なのか?
http://bit.ly/2tOLeCr
連合は、日本の企業の三割で大企業の社員が入ると組合だと思います。
残りの7割の働く人の組合とは違いますが、この連合でその他の組合も同じような待遇になるのかも。

組合の事は詳しくないですが、働く人の条件を良くしてくれるための組合だと思いますけれど。

今回連合の神津氏がしたのは働く人の為と言うより雇い主側の条件に合わせるような待遇にしてしまった。
何の為の組合ですか、政府や大企業の言いなりに成るのなら連合で有ろうがその他の組合で有ろうが
必要無いです。

働く人が身を粉にして企業の為に働いているのに何故条件闘争してくれないのでしょう。
何か裏で繋がっているのでしょうか?

組合のトップの人は組合員が仕事をやりやすくそして充分に休める休暇を条件にして
企業や政府と闘ってくれなければ、生活に響きます。
安心して多少でも余裕が有る生活を誰でもしたいのですから。
それを組合のトップに託しているのに、仕事をしてくれない。

まるで何時も安倍首相と会食するマスコミ人みたいに、安倍首相のいいなりに成って
本当に役立たずですね。

日本は産業別の組合が無いと言われています、だから政府や企業になめられるのかも。
もし産業別の組合が有るとしたら世界の産業別の組合と違う形なのかも知れません。

もっと働く人の力に成ってくれる組合なら良いのですが。

ニオンと言う労働組合はどうでしょう。
誰でも入れるのか?

派遣 パート アルバイト 契約 どんな働き方の人も入会できるのか?

Japan Union 
http://bit.ly/2tQJbgZ

組合の良いところ悪い所色々あると思いますが、この神津連合会長のしたことは本当に
組合員とその他の働く人達から信用無くしたと思います。
残念ですね。
この法案絶対破棄させましょう!
『社会』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嫌だ~酷い~古墳の上に加計... | トップ | 7月14日(金)のつぶやき その1 »