HANA-ROOM

希望を捨てずに・・・
明るくすごす・・・

内部保留額でわかった「利益を貯め込み過ぎ企業」強欲企業トップテン

2016年10月12日 | 政治経済
日本企業の国内内部留保ランキング
http://exci.to/2dUjfbd

1位 トヨタ自動車 16兆7942億4000万円
2位 三菱UFJフィナンシャル・グループ 8兆5875億7800万円
3位 ホンダ 6兆1943億1100万円
4位 NTT 5兆742億3400万円
5位 三井住友フィナンシャルグループ 4兆5344億7200万円
6位 NTTドコモ 4兆4130億3000万円
7位 日産自動車 4兆1507億4000万円
8位 日本郵政 3兆5259億3200万円
9位 キヤノン 3兆4304億4700万円
10位 三菱商事 3兆2259億100万円

内部保留ランキングに自動車企業が3社入っています。

何時不景気になり社員に給料払えなくなる可能性があるので、内部保留しているのか?

調子良いわよね、社員や派遣への給料は少なく押せえて、取締役員達の報酬は高いのではないですか?
これだけは米国の真似をしているのかな?

景気が良くて儲かるときには、社員や派遣の働く人達にも多少でも給料上げないとモチベーションが
上がらないと生産性も上がりません。

品質の良い製品をつくるなら従業員の給料も適正価格を出さないと良い製品つくれないのじゃ
ないでしょうか!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月11日(火)のつぶやき | トップ | 経団連の榊原会長が経団連の... »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL