HANA-ROOM

希望を捨てずに・・・
明るくすごす・・・

森友学園への土地売却で国批判、大阪市の吉村市長

2017年02月24日 | ニュース
gooニュースより
大阪市の吉村市長愛友学園の土地売却で国批判
↓こちらのリンクからニュースへ

「おかしくないと説明する責任ある」 森友学園への土地売却で国批判、大阪市の吉村市長

記事より
大阪府豊中市の国有地が学校法人森友学園(大阪市淀川区)に評価額の14%の価額で売却された問題で
吉村洋文大阪市長は23日、「あの売買はおかしい。
普通に考えておかしいことを、おかしくないと説明する責任が国にはある」と述べ
国が説明責任を果たすべきだとの考えを示した。
記者会見で質問に答えた。ここまで





大阪市の吉村市長が愛友学園の土地売却で国を批判したことは誰でも思う当たり前のことですが
この吉村市長は維新から大阪市長選に出て市長に成ったのですから
この土地売却問題の裏知っているのではないのかと思うのですが。
維新とこの土地問題関係があるのを知らないのか?
松井知事のことも知らないのか?

吉村市長は不動産関係や経理など詳しいと思うので個人的にもっと調べて欲しい。
維新の人だから中からも調べられると思います。

吉村市長期待していますよ!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月23日(木)のつぶやき その7 | トップ | 森友学園の問題今日も衆議院... »