HANA-ROOM

希望を捨てずに・・・
明るくすごす・・・

弁護士郷原氏の加計問題説明です。

2017年07月12日 | 政治経済
弁護士郷原氏の加計問題説明

私の口癖ですが、本当に参考に成る記事です。(参考)

文科省が学部を認可するときのやり方とか
文科省の通常の認可と特区で学部認可とは随分ちがうようです。
特区は、狡いですよ、苦労しないで、加計の場合は仮の認可。


郷原氏のtweetより
加戸氏の「10年前からの今治市への獣医学部誘致」の話と、昨年夏以降の
「30年4月開学に向けてエンジン全開」の話とは違う。
安倍=加計の関係が影響しているとすれば後者。
そこには加計学園側の何らかの事情が関係しているのではないか。

郷原氏のブログ→ http://bit.ly/2tEvgKT
加計問題の真実(私は新学部設置の仕事を5年やったことあります)

こちらのブログを見ますと加計学園に8月認可が下りるかどうかは
加計学園のほうに不正があるかどうかで、不正が無かったら認可が下りるそうです。

今は仮の認可ということだそうです。
よっぽどの不正が加計学園になければ認可されてしまうのではないか。

もう工事が始まっているので不正が無ければそのまま認可ですって。

獣医学部新設は、マスコミが報道しないのは特区ということを忘れていると。

ルールが変わってしまっている。
「文科省ルール設置審ルール」の一部が「特区ルール」に置き換わっています。

加計は普通のルールより簡単な特別特区
文科省の審査ってとても細かくて大変来旨ですが、それをしな特区ルール

郷原氏が書かれていることは何となく解りますが、私には文書長くてちょっとつかれました。

文書の中に有るブログのリンクこちらも参考になります。
郷原氏は鋭いと書かれています。

龍渓論壇さんのブログ下のリングも同じでページが違うだけです。
京都産業大学が何故選ばれなかったか?
京都産業大学はいつ諦めたのか?


http://bit.ly/2ugusxs

http://bit.ly/2u7alRY



『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月11日(火)のつぶやき その2 | トップ | 加計が公募で公に認め羅られ... »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL