HANA-ROOM

希望を捨てずに・・・
明るくすごす・・・

自公政権が無理にTPP強硬採決しても選挙安泰なのか?

2016年11月05日 | TPP
TBS11月4日のニュース »TPP承認案など特別委可決、民進・共産反対の中 与党が採決を強行
http://bit.ly/2ekHr4T

来週の8日にも強行採決されてしまうTPP法案
自公議員なら選挙のことを気にすると思うが
国民が気がTPPで生活困窮することに気が付かないうちにサッサか選挙して
有権者誤魔化し政権維持を続けるつもりなのか?

今回の国会でTPP審議中、TVでは米国大統領選と韓国朴大統領のスキャンダルを
朝からずっと放送して、情報番組だけじゃ無くて報道番組と言われている番組まで
TPPのことを無視するような報道で国民にTPPで重要な事柄を知らせていません。

これで8日に国会でTPP法案強行採決したらTVや新聞の政治部の記者は国民に知らせる義務があるはずなのに
伝えないで、心苦しくないのでしょうか?

覚えて起きましょう自公とTPP法案推進派の議員名前。
何時か選挙で必ず落選させるためにも上の議員の名簿とっておきましょう。

TPPが正式に発効されたら次期に私達の生活は怨んでも怨みきれないほど生活が困窮するはずです。
TPP法案決まってしまったら忘れちゃ駄目よマスコミと安倍政権とTPP推進議員を!


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マスメディアが伝えない新聞... | トップ | 平成28年11月5日新聞各社... »