HANA-ROOM

希望を捨てずに・・・
明るくすごす・・・

介護業者の方介護サービスを使われる方、政府が制度を悪い方に変えようとしてます!

2016年11月07日 | 政治経済

社会保障費抑制へ「自立支援介護」新設の提言案
NHKニュースより http://bit.ly/2egCzm2

前から言われていましたが軽度の介護が必要な高齢者に
サービスをしないか介護器具を介護保険で安く借りられないようにする
等冷たい制度を導入すると政府が検討していたのを今回「自立支援介護」こんな名前つけて
介護制度悪制度に変えようとしているようです。

また何だか怪しげな会議を勝手に作って如何にも介護を儲けの対象にしているようです。
こんな名前「未来投資会議」投資って聞くと是が非でも儲けたいという強欲が見えてきますが。
この会議で介護制度を変えていくようです。

酷いのが介護保険で提供できるサービスに「自立支援介護」という枠組みを新たに設けて
高齢者の要介護度を下げた事業者の介護報酬を優遇する制度の導入を検討しているそう。

「自立支援介護」高齢者がずっと健康で長生きするのが理想ですが
だれだって高齢に成って段々と心身共に衰えてくるので悲しいことに自立より
動けなくなり寝たきりに成る可能性が有るので、自立より成るべく起きて体を動かせる
時間を長くするようなシステムにして、寝たきりになっても本人、家族とも心配しないで
すむような介護制度にしてほしい。

それにしても厚生労働省が考えたのか知りませんが人間性ちっとも感じられない冷たい制度です。
要介護度を下げた業者を優遇して、それをしない良心的な業者にペナルティですか?

この制度年寄りは、介護保険を使わずに早く死ねと言う事ですか。
この制度考えた人は「人非人」ですよ。

保険制度の財政が苦しくなったからと言って介護保険制度を利用しづらくしなくたっていいでしょ!

「未来投資会議」安倍総理大臣を議長として介護保険の利用出来る金額を減らす会議でしょう。

減らせる予算他にいくらでも有るのになにも高齢者をターゲットにしなくてもいいでしょうに!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 非正規シングル中年女性たち... | トップ | 11月7日(月)のつぶやき その1 »