Rain Rain Drops

夢のような星の夜に

白ゆき姫殺人事件

2014-04-05 22:43:51 | 映画




湊かなえ原作『白ゆき姫殺人事件』を観た。
原作本の宣伝コピーは一筋縄ではいかない意地悪目線の ミステリ」。
確かに映画でも登場人物たちの意地悪目線、善意の欠落っぷりはただごとじゃなかった。
これぞ湊かなえ と思える、納得のシロモノでありました。


うわっつらの善意、その覆面はいだら多かれ少なかれみんなクズ
各種出揃ったクズの見本市。。。
それがどうしたそーいうもんじゃないの。みたいな芯まで冷え冷えしたスタンス。

それが湊かなえの真骨頂だと思う。

今の世の中何がコワいって、普通に見える市井の人々、これが一番ずる賢くてコワい。
それを湊かなえはよくわからせてくれる作家だと思う。
別にわからせてくれなくても、自分自身のこととしてとっくに知ってたような気がするけども。
・・・・ああうすら寒い。春なのに。


なんといってもこの人の「告白」は面白すぎた、本も映画も。(戦慄の給食の紙パック牛乳!)
その衝撃の余波で読んだ他のいくつかの小説、それらはいずれもが完膚なきまでにドライで冷え冷えとしたものでした。

だから、テレビドラマで『境遇』というのを観た時は、原作は知らないものの、終始甘ったるく泣いてる主人公とウエットすぎるストーリーにがっかりして「チッ。違うだろ、こんなの湊かなえじゃない」と思い、また『夜行観覧車』を観た時は、「手ぬるい」と思った。原作のおそろしさはひかえてあったから。
そこで描かれていた人々のせこい利己と、異様なまでの「情」の欠落。仁義なんてどこにある。親切に見える行為のすべては偽善。原作はそんなうなされそうなシロモノだったと思う。

・・・こんな凍てつく小説を書くのはどんな人なのか。
先日ラジオで湊かなえが話してるのをはじめて聴いてアタシは本当に驚いた。

思ってた通りのとても病んだ感じの人・・なんかではまったくなく、女学生のような可愛い声で、何やらごく普通のことを明るくしゃべってた。
普通だった。
あんな文章を書くのに。
何が怖いといってこのことが一番怖い、と私は思う。


『白ゆき姫殺人事件』では、そんな湊かなえの冷たい手が炸裂し、市井の人々がかぶった薄いベールを一人一人はいでいく。
底意地の悪い美女(この美女の定義は正しい)。保身のみの上司。浅ましい同僚たち。どうみてもトラウマの元凶の愚劣な教師。やったことを棚に上げ偽善に酔う同級生男子。。
そして匿名の無責任なネット内の人間たち。

そんな中でとりわけアホウだった、ものを考えないテレビマン・赤星(綾野剛)。
人々におとしめられて満身創痍の主人公美姫(井上真央)の運転する車が、ラスト、この赤星をはね殺しそうな勢いでつっ込んでくる。
偶然のように見せてるものの、ひょっとしたら故意か? 美姫アンタもか。。と思うとコワ面白いのでした。

職場の噂話、ワイドショー映像、ネット、、ちょっと卑近すぎでそのへんは途中ゲンナリしたものの、ストーリーは面白くてテンポ良く、飽きずに最後まで観られました。



さだまさしの息子(イケメン!)のバンド・ツケメンが演じる「芹沢ブラザーズ」の音楽がやたら美味しいです。
主人公美姫の傷ついた心のよりどころ。
彼らを思うあまりに美姫は小さい罪まで犯してしまう。
底意地悪い美女にからめとられることもなく、芹沢ブラザーズは最後まで汚されない。いわば聖なる青年たちでした。
冷え冷えと凍てつく世界で、特別に清らかなものとして描かれる音楽。。。せつなすぎる。






 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LIFE! | トップ | Amusement Pocket 25/50 ALTE... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お礼 (クマネズミ)
2014-04-14 21:21:31
今晩は。
拙ブログにコメントをいただき、誠にありがとうございます。
貴ブログによれば、原作者の湊かなえ氏は「女学生のような可愛い声で、何やらごく普通のことを明るくしゃべってた」にもかかわらず、「うなされそうなシロモノ」を書いていて、「何が怖いといってこのことが一番怖い」とのこと。
確かに、それはフィクションではなくてリアルな世界で起きていることであり、あるいは“事実は小説より奇なり”なのかもしれません!
実に興味深いご指摘です。
クマネズミさん (夏)
2014-04-14 22:30:03
コメントありがとうございます
クマネズミさんの、美姫は空想癖なのに手紙にそれが反映されてないのが残念、というご指摘もすごく納得でした。
ほんとに何も空想は入ってないのか・・・・とか考えはじめると又面白い気もしますが、、なにしろ原作を読んでないのでよくわからず。。(T_T)

湊かなえの本は一時期けっこう読んだんですが、何を読んでも心がヒンヤリしてくるのもので、読まなくなってました。なにやら指先まで冷えてくる感じがしてきて。

ホント、ラジオでの御本人は、自作の怖い世界を地でいってるような感じを覚えました。(;O;)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
No.376 白ゆき姫殺人事件 (気ままな映画生活)
「告白」「贖罪」の湊かなえが2012年に発表したサスペンス小説を、井上真央主演で映画化。日の出化粧品の美人社員・三木典子が何者かに惨殺される事件が起こり、典子と同期入社で地 ...
白ゆき姫殺人事件  湊かなえ/著  集英社 (西京極 紫の館)
【紹介文】 化粧品会社の美人社員が黒こげの遺体で発見された。ひょんなことから事件の糸口を掴んだ週刊誌のフリー記者、赤星は独自に調査を始める。人々への聞き込みの結果、浮かび上がってきたのは行方不明になった被害者の同僚。ネット上では憶測が飛び交い、週刊誌報....
『白ゆき姫殺人事件』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「白ゆき姫殺人事件」□監督 中村義洋□脚本 林 民夫□原作 湊かなえ□キャスト 井上真央、綾野 剛、菜々緒、金子ノブアキ、小野恵令奈、蓮佛美沙子■鑑賞日 3月30日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(...
白ゆき姫殺人事件 (映画的・絵画的・音楽的)
 『白ゆき姫殺人事件』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)大変面白かった『みなさん、さようなら』の中村義洋監督が制作した作品ということで、映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、車のヘッドライトの中に、地面に倒れている女の体が浮かび上がり、まだどく....
「白ゆき姫殺人事件」 ここにいるよ (はらやんの映画徒然草)
記憶は、必ずしも事実とは違います。 人は思い出したいように思い出し、そこには自分
『白ゆき姫殺人事件』 雪がひらがなの理由 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  美人OLの死の謎を追う『白ゆき姫殺人事件』の特徴は、スクリーンに現れるツイートの数々だ。  原作小説ではマンマローという架空のサービスが登場するが、映画ではツイッター社の協力を得て現実のTwitterを模した画面がスクリーンに映し出され...
白ゆき姫殺人事件 (のほほん便り)
現代のネット社会を皮肉っぽくあぶりだした、湊かなえらしいサスペンス。 井上真央、綾野剛、蓮佛美沙子と、好きな俳優さんが次々、出てきて嬉しかったです。 「サイレーン」も菜々緒の正しい使い方(?)、と感じましたが、この作品も、しかり。キャスティングが心...