陋巷にさまよう (野を拓く 第2部)

プアなわが道とこの世を嗤笑するブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カジノ法案

2016-12-06 18:23:55 | Weblog
カジノ法案を衆院本会議で可決したそうな。
自民党や日本維新の会が描く成長戦略が、これで大きく前進するんですなぁ。
アベ何たらや、マツイ何たらもホクホク顔でござりましょう。
よかった、よかった。  
バクチを振興することで国が豊かになるとは、こんなええことはござりませぬ。
そんなことで国富に寄与するとすれば、全国津々浦々に賭博場を作ったらええと思いますよ。

けど、これで自民党や維新がどういう政党か、誰の目ぇにもよう見えましたなぁ。
トバクを「成長戦略」と言う、随分とご立派な政党なのでござりますよ。
小学校で、子供に討論をさせてみたら面白いんやないですかなぁ。
大人だけやのうて、子供がゲームセンターなどに出入りするのは、国の「成長」への貢献やと、大阪では教えるべきでありましょう。

ん?
賛成した者の中には、質問時間が余ったので「般若心経の解説」をした者がおったですと?
誰ですかな?
そんなバカ丸出しの議員は?
ほぅ。
自民党の谷川弥一大先生ですか。
どこの選挙区ですかな?
ふむ。長崎3区ですか。
よう分からんので調べたら、佐世保市の一部、大村市、対馬、壱岐、五島などやそうな。
いやぁ、この選挙区のお人は、随分とご立派な大先生を選んで、全国に向けて鼻高々でござりましょうなぁ。
何せ、ポチの後をついておねだりをする忠犬でござりますからなぁ。

ワタシなんぞは、オノレの人生がバクチのようなもんやし、
十分にスリルを堪能して参りましたがね。
そして、今では生き恥をさらしての陋巷暮らしでござります。。。。  
そやけど、カジノができたら、ご同輩が増えるやろし、これからは楽しみでござりますよ。
ご同輩と徒党を組んで、自民党と維新を応援しますかな。
奈落の底に引きずり込んでさしあげるのでござります。   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 条件付き辞任 | トップ | 頭の黒い鼠 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL