プロトレーナーが綴る普通のブログ

ポイントを押さえて、快適なスポーツ活動を!

8/20神宮外苑花火大会観覧会

2016-07-24 14:50:51 | 募集イベント
残19/21みつる様+1
残18/21みわ様
残16/21たつ様+1
残15/21まさき様
残13/21やぎゅう様+1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016夏フルマラソン合宿inみずがき山

2016-07-19 21:10:03 | 合宿
「職人は客と道具が育てる」という言葉があるそうです。これに当てはめてみると「ランナーは練習と環境が育てる」と言い換えてみることができるのではないでしょうか!

ということで「環境」。ランナーみなさんの身体にとって最高の環境、その環境を見つけるのも僕の仕事。そして練習。どういった練習(目的)があるからこそ、こういった環境に来た方が良いのか、ここのところが一番の肝だったりします。

何はともあれ、「BOOT CAMP」を冠した夏合宿、自分の限界を超えて、新しい自分に会いたい!そういった勇者達が集まりました!これから楽しい楽しいランニング合宿のはじまりはじまりです!



2016年7月は16日(土)よる2300。JR千駄ヶ谷出口に集合。前回の大渋滞の教訓から、深夜発の選択。「それでも走る」といった志願兵、もといランナーみなさまは本当に熱心!行きの車の中も、走る話ばかり...の、望むところよ!
予定通りに順調。定刻通りに到着。仮眠でも、しっかりと睡眠をとっておきましょう。女子は車中泊、男子はテント泊。1.5人用のツーリングテントに男三人が川の字...それはもうファンタスティック!?みんなでいびきの大合唱でした...





そしてはじまります!1400mの高地でのフルマラソン!涼しいけど苦しい。苦しいけど楽しい。10kmも走ると、どんどん慣れてきました!無理なことをしない、無駄なことをしない、ということを身体が覚え始めます。
また、「それぞれに走り方」レクチャーの特典付き!ブレーキ解除の走り方、上り下りの走り方、コースの見方、攻略法など、あらゆる角度からなるほど納得のランレクチャーです!たまに一緒に走らせていただきました!



現地集合組とも合流できて、いよいよ夏合宿も本番です!「腹が減っては戦はできぬ」しっかり食べて、午後からの特訓に備えてください!おそば、そばがき、漬物、桃....それにしても、食べ物が、水がおいしい!

つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【治りたい方必見】使える情報の見分け方

2016-07-15 07:56:23 | スポーツ


世の中にいろいろな情報があります。
ネットも雑誌も書籍も。

ただ、
どのような情報も、
「その人に会えるか」
というところがポイントかと思います。

実際に会えない人の情報、
また、
誰が書いたのかわからない情報は...

例えば「ランニング障害」です。

痛みが引かないから治したい。
いろいろと調べてみる。
やってみる。
痛みが引かない。

これは当たり前なのです。

会えない人の情報だからです。
使えません。
本人に確認がしようがないので適当なのです。

実際に相談できるかできないか、
使える情報かどうか、
生の情報かどうか、
ここで簡単に見極められます。

僕には、もちろん会えます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今更のランニング教室!?

2016-07-14 10:29:12 | スポーツ


今年2016年4月より、毎週水曜日よる19:30より「サブ4challengers®」というランニングクラブをはじめさせていただきました!

もともと火曜日よるのランニング教室から土曜日ひるのランニング教室へ、そこからの流れをくんでおります。

パーソナルトレーニングから、トレランイベントからこちらへたどり着いた方もいらっしゃいます。

が、これはいずれにしましても「ご縁」としかいいようがないのです。僕がいうのも何ですが、本当に「素敵」な方達が集まってくれています。

いつも、「どこにいってもダメ」だったからではなく、「うちじゃなきゃダメ」になってしまったからを胸に、精一杯アドバイスをさせて頂いているのです。

みなさまのゴールがどこにあるのかは分からないのですが、「とにかく楽しく」「気が付いたら走れるようになっていた」をコンセプトにプログラムを考えております。

はじめ1kmも走れなかった方も、昨夜は皇居まで往復できるようになりました...

サブ4という看板ですが、ほぼランニング教室です。これからはじめる方も、全部面倒見ます!

<サブ4チャレンジャーズ>
http://www16.plala.or.jp/sportsmeister/training.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランニング障害〜攻撃は最大の防御なり!?〜

2016-07-13 15:57:30 | ランニング障害改善BOOK
気がついたら同級生には置いていかれ、後輩にも抜かれそうな勢い。自分は精一杯やっているつもりだけれども、周りのみんなの方が「イキイキ」と走っている。負けを認めたくはないけど、気がついたら気持ちも逃げ腰に...とはいっても、何とか頑張りたいと練習だけは毎日しっかり頑張っている。そんな中で、何となく痛みがあるから「アイシング」をしていた。はじめの頃は、それで痛みが引いていた。けれども、気がついたら痛みがなく走れたことすら忘れてしまっているかも...

と、このような状態になっていたら、もう限界です。

基本的に、アイシングで治るのは「筋肉痛」程度です。本当のランニング障害は、とても複雑な原因があります。走っているときに組織を損傷したのです。「同じ」走りをすれば、当然おなじストレスをかけてしまい、痛みは繰り返されます。アイシングでその場の痛みをおさえればおさえるほど、強く大きく繰り返して「ストレス」をかけ続けるわけですから、どんどん重篤化して、最悪は「後遺症」にまでなってしまうのです...

もともと頑張り屋さんで、走るのが好きではじめたランニングです。そのような結果は望んでいないと思います。「もっと自分らしく輝く」ということを思い出して、何をどうすれば再び全力で走れるようになるのかを考え直してみましょう!



どこか痛くなったら、まずは自分で「やっておきたい」ことがあります。

①どこが痛いのか
②どんな風に痛いのか
③どんなときに痛いのか
④どのように痛いのか
⑤どれくらい痛いのか

など、「痛い」のひとことで終わらせずに、自分なりに調べてみること、これが改善するため大切なステップになります。何といっても、「自分のことは、自分が一番知っている」からです。

つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加