とにかく走ろうよ!

トレーナーが本職の鈴木ブログです

【野球】内転筋の痛みはバットを振って解消

2017-03-29 08:52:46 | 股関節の痛み
イメージ

****トレーニング障害

最近、「トレーニング障害」という言葉を造りました。トレーニングによる「けが」が後を絶たないからです。「スポーツ障害」とは異なります。スポーツ中ではなく「トレーニング」で痛めたものは、少し面倒です。

****「スポーツ」と「トレーニング」の違い

本来、スポーツは「自分の最高のパフォーマンスを発揮する」ことにあります。がしかし、トレーニングは「もがき苦しむ」だけに見えます。また、「正しい」とされる「スポーツ動作」も「常識」という言葉に押し込められ、「体も頭も固い」状態にみえます。

****常識が怪我の原因

何を持って「常識」としているのかは分からないのですが、その「常識」で怪我をして、「違うこと」をしたら「痛みがなくなった」ということ、ばかりです。「常識で怪我をして引退して後遺症を抱える」か「常識にとらわれず、怪我の心配もなく伸び伸びとスポーツ活動を行う」かは選択することができます。

****天才の方が少ない

「今」の常識は、民主主義なのか「多数派」の声が強く、大きい。しかし、全員が世界一ではない(笑)むしろ、「自分だけの才能」を見つけたほうが、そこから抜け出して、上に行く可能性は高い。

誰かの枠に収まるか、「自分」の才能を信じるか、見つけるか、ここがスポーツの醍醐味。

****痛めてもバットを持参

高校野球少年、もうおつきあいが長いです。お父様がランナーで当ランニングクリニックをご利用頂きましてから、僕のサポートをご利用頂いております。

「スポーツ動作で改善」するのが、こちらの方法です。なぜなら「スポーツ動作は、すべて人間の身体の機能を最大限に発揮する」動きだからです。なので「本当に正しい動き」を行えれば、身体への悪い負担は減り、あとは「治癒」していきます。

信じるとか信じないは自由ですが、ここを抑えていないと「怪我は治りません」し「怪我をさせている」ことが考えられます。

「怪我をしてしまった(させられてしまった。怪我が治らない)方」は、すぐに「方向転換」がおすすめです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ランナー必見】走るとは「とぶ」こと

2017-03-28 23:14:04 | やってはいけないランニング
今日が初フライトの記念日になりました!
オメデトウゴザイマス★

その瞬間はいきなり、
でも、
一つずつ頑張ってきて、
身体が変わるタイミングが、
今日でした!

今がチャンスとばかりに、
「今日は卒業と入学の日になります」
と伝え、
新しい走り方にチャレンジしました。

微調整に微調整を重ね、
額にうっすら汗がにじむ頃、
くるくるっと足が回転しはじめました。

「もっと顎っ!」

これが最後のスイッチ★
ブワ〜っと駆け抜けて行きました。

「よく分かんないけど、止まれない。」
「足は痛くない。止めたら痛かった。」

自己流でひととおり頑張ってきて、
最後の壁を突破する瞬間に立ち会えて、
楽しくも嬉しくも喜ばしい一日となりました。

これからはアスリートモードのお話ができそうです。

スタートアップブックはこちら。


「【図解】やってはいけないランニング」青春出版社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ランニング】いっぱしのマラソンランナーになる道程

2017-03-27 19:54:46 | やってはいけないランニング
イメージ

Challengers®ちはや様、サブファイブ達成!一年ぶり二度目のフルマラソンチャレンジ!着実に歩みを進めてきています!

さて、今回の作戦は「カスタム細胞分裂走」やら「フェンシング」やら「坂が坂じゃない走法」をはじめ、エイドや雨対策など、ただひたすら走るだけではなく、コース攻略から戦術まで、ありとあらゆることを駆使してスタートラインに立つことができました。結果「サブファイブ」です!5時間を切ってフルマラソンを走りきることができました!あの寒い雨の中で!さて、これから彼女の褒めちぎりタイムです。

ということで、今回の主人公は40代女性のお話です。

****身体履歴

みなさん、「やってはいけないランニング」青春出版社でもお伝えしましたが、「歩いてゴール」「ボロボロでゴール」は最悪です(><;)それは「歩く能力」「ボロボロになる身体」を身につけてしまったからです。トレーニングとは「今までの自分を越えると、超えた分だけ自分になろうとする能力」を応用したものだからです。

ランニングをはじめて、ある一定期間から記録が伸びない、怪我が多い、タイムが落ちてきた、という場合は、「やってはいけないランニング」を続けてしまったのかもしれません。かといって、諦めてはいけません。これから「V字復活」を遂げるために、以下をぜひご参考ください。


→よい履歴を残せば、よい未来につながる


みなさん、履歴書には「よいこと」しか書かないですね(笑)また、よい履歴を残そうとしますよね(笑)ということで、ランニング(マラソン)も同じです。

よい走り

だけをすれば、よい身体、良い結果につながっていくのです。だからこそ、いつでも「良い走り」をしないといけないのです。
そこで考えついたのが〜細胞分裂走です★

途中、休憩を入れて、距離を刻みながら進むという戦術です。人によって刻む距離や休憩時間は異なるのですが、1日に42.195kmを駆け抜けたという履歴が身体に残ります、残せます。これがまずは大きな収穫。また、自分にあった速度でちゃんと走ったという実績、これらが履歴なのです。ボロボロになって歩いた履歴とは大違いです。



****坂が坂じゃない

また、今回のフルマラソンの前に、トレランにもチャレンジされました。元々は僕がクラブツーリズム社様のトレランツアーのガイドをしていたときのご参加者さまというのがご縁のはじまりです。ですので、トレランからはじまりなのです。ただ、当時もですが、毎回「テーマ」をもってのツアーになっています。

今回のコースは「アップダウン」があります。知っています。知っているのであれば、対策を講じるのが大事です。がしかし、「ただの」坂道練習では本番前に身体が壊れてしまいます。そういう美しくないトレーニングはいけません。ちゃんと「身につく」練習、これを心がけましょう。そして、見事に「坂を楽に登りきれる技術」を身につけました、1日で。

こういったことを、ずっと地道に頑張られてこられたので、無事にフルマラソンを完走、そして無傷。すぐに次への再スタートも切れますし、今回のマラソン自体も「良い履歴」になったのです。回を追うごとに良くなるか、やってはいけないボロボロになってしまうランニングかは...

こちらをご参考に(^-^)


「【図解】やってはいけないランニング」青春出版社


ともあれ、彼女の快走にご機嫌な夜を過ごせそうです。
サブファイブおめでとうございます★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ランニング】正しいランニングエコノミーの考え方

2017-03-25 22:32:58 | ランニングクリニック
イメージ

ランニングエコノミー

って何です?
僕が思うには、
ランニングエコノミーには二つの意味合いがあります。

1)同じ頑張りでより速いこと
2)同じ速度でより省エネなこと

この二つがあります。

多くのみなさんが、
2)の「より楽に」をイメージするのですが、
自分の持っている力を先ず出すこと、
こちらが優先です。

「同じ頑張りでより速いこと」

これができたら何より楽しいですよね!

左がビフォー、右がアフターですが...

まさか「まさか」のアドヴァイスに驚かれていらっしゃいました。

「動画を見ないと俄かには信じられないです。
でも、トップ選手っぽいです」

そう、
僕を信じてもらえないので(笑
動画で確認してもらうようにしています(爆

今3時間30分ですが、
すぐにサブスリーするでしょう(鈴木の予言)

ともあれ、
自分の可能性に喜びを、
駆け抜けた爽快感を一生ものの宝にしてもらいたい!
と願っています(^-^)

スポーツマイスターズコア
ランニングクリニック
http://www16.plala.or.jp/sportsmeister/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ランニング】正しい腕の振り方教えます

2017-03-23 18:26:31 | やってはいけないランニング
イメージ

しっかり腕を振りましょう!

ランニングをしていなくても、一度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか。ただ、この言葉が通用するのは「幼稚園」までです。その理由は...これからご説明します。小学生での腕振りは、もう卒業していてください。

ところで、「腕振り」って、何のために腕を振るのでしょうか。また、どうして「幼稚園」までなのでしょうか。

その秘密は、こちらの書籍にて(^-^;


「骨格ランニング」講談社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加