キャンプ屋さんで里山暮らし 15年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

受難のシジュウガラのその後 

2017-06-19 23:49:42 | その他いろいろ

うちのベランダの前に営巣したシジュウガラは、本来なら、そろそろ雛が孵るころかも。

残念なことに、カラスに巣を襲われたことは前回の記事の通りです。
その受難の日の後も、しばらくは親鳥が抱卵に出たり入ったりしていました。

ところが、遂に卵を抱くことをあきらめたらしく、
親の鳴き声も遠ざかってしまいました。 

 

真ん中の卵はもう腐って割れています。 
カラスは巣を襲ったものの結局は穴が深すぎて嘴が届かなかったのか食べることが出来なかったようです。

あのシジュウガラのペアはどこか別のところに新たに巣を作って、卵を抱いているでしょうか。
 
空梅雨ぽい6月も半ばを過ぎてしまいました。
そろそろ雨の日が多くなるでしょうに、どうか雨からもカラスからも守られ、無事雛を孵すことが出来ますように。

カラスの悪党め!!
小さな野鳥の巣を襲うギャングです。
自分より大きな鳶を仲間と一緒に追い回したりもします。

キャンプ場でも、数々のワルをします。
キャンプのお客さんの食材を持って行ったり、生ごみバケツを倒して、ゴミを散らしたり、
油断も隙もありません。 


ところで、窓に当たって目を回したモズのことですが、
あの写真を見て、モズ!?と思った人もおられたかも知れませんので、一言。

あれはメスのモズだと私は思っていましたが、
先日、バードカービングの教室の折、写真を見てもらいましたら、
野鳥の会の会員でベテランバードウォッチャーの生徒さんと先生が、
これは幼鳥だとおっしゃいました。
嘴の根元が黄色い部分が大きいからだそうです。
頭の上の羽の模様も幼鳥のものだそうです。



この子は無事飛んで行きました。 本当によかった♪♪

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野鳥 受難の日 | トップ | 6月21日 大雨 と オニヤンマ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。