キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

紋太ねむる・・・・永遠のねむり

2017-08-28 23:58:29 | キャンプ場だより

23日10:00pm 紋太は 静かに 眠るように 逝きました。 
1999年3月4日生まれでしたので、18歳とほぼ半年。 
柴ミックスながら足が長く、かなり大きかったので、よく秋田犬ですかと聞かれたものです。
あの大きさでよく長生きしたものです。 
中型犬の18歳は人の年齢に換算すると96歳、19歳は101歳だそうです。

  

                       

紋太のお父さんも、以前飼っていた猫も、うちでは火葬にしてお骨をしばらく傍においていました。
紋太のお父さんは東京からこの地に来て2002年に14歳で亡くなりましたので、
笠間の動物霊園でお骨にしてもらいました。

紋太は水戸の「ペットセレモニー永遠」の移動火葬車に来てもらいました。
紋太の魂はいつも遊んでいた自分の庭から天に登ったと思っています。
丁度、火葬車の天窓の上は天の川の流れているところでしたので、その真砂の一粒となったでしょう。

  

足腰その他の加齢による不具合と闘いながらも懸命に生きた紋太を充分に介護したからか、
まだ居なくなったという実感がないからか、私は、いわゆるペットロス症候群に陥ることはなさそうです。
これからは庭の植物の世話をし、野鳥、虫たちとのふれあいを今までにも増しての楽しみにするつもりです。

 

 25日に近くで見つけたカブトムシのメス。 私にはこの夏初めてです。

 

 その翌日、カマキリ。

 

 そして、今日はナナフシ。 次々、来訪者あり。 
 紋太の弔問客 ? 
 
 

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バジルソース 家和楽風   | トップ | クヌギ の どんぐり & チ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねこね)
2017-08-30 07:34:23
紋太君、さよなら、今までありがとう。

本ワンも十分に生きたと満足しているでしょうし、送り出した方も、十分に尽くしたと悔いはないことでしょう。

ちょっとさびしいけど   

残暑のなか、身体にきをつけてくださいね  ねこね
ありがとう。 (キャンプ屋です。)
2017-08-30 09:46:10
ありがとう。
出掛けると紋太が待っていると思って、いつも大急ぎで帰ってきていました。 
今はもう急がなくていいのに、やっぱりまだアタフタ帰って来ます。 
そして「ただいま!」と家に入り、写真に向かって、「私と家を守ってくれていてありがとう。」と言っています。

昨朝の北朝鮮ミサイル騒ぎのJ-アラートには驚きました。
紋太が逝ってしまっての後のことでよかった。
要介護の老犬を抱えての災害遭遇はもう私にはきついです。
Unknown (ねこね)
2017-09-03 06:25:34
Jアラート、どの程度深刻にうけとればよいのか、まだわかりかねていますが、頭から無視するわけにもいかないものと思います(何がおこるか、わからない)。紋太は、そのさわぎに巻き込まれなくて済んだのですね。

穏やかな日々が流れることを祈っています。「退屈な日常的な日々」がどんなにありがたいことか、どんなにすばらしいことなのか、しみじみ感じます。

しっぽちゃん、クマくん、紋太君、なつかしい思い出をありがとう。    ねこね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キャンプ場だより」カテゴリの最新記事