キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

今日はハローウィーン 明日から11月

2017-10-31 13:08:56 | キャンプ場だより

ここ数年で、田舎でも都会でもすっかりハローウィーンが定着してきました。

限界集落一歩手前の家和楽では、小さな子供が〝 トリック & トリート ″ で 近所の家々を
仮装して回ることはありませんが、 スーパーの品々はお菓子のみならず何にでも
カボチャやお化けや骸骨のシールやイラストがついています。

ほぼ20年前、私たちは東京からこの地に移住してきたのですが、
その頃、まだ日本の田舎の風習 「お月見どろぼう」 が残っていました。
中秋の名月にススキと月見団子、それに丸い形の野菜や果物のお供えを縁側に出しておきます。
すると子供たちがこっそりと果物やお団子、お菓子をいただきに来るのです。

これって、日本版のハローウィーンじゃない!と思いました。
話を聞いていたので、うちにも 「お月見どろぼう」 が 来てくれると楽しいな♪♪ と思っていましたが、
残念なことに来ませんでした。 
犬がいるから敬遠されてしまったのか、新入りだから遠慮されてしまったか!?


                  *****  〇〇〇〇   *****

さて、いよいよ11月です。
今年は何だか、毎週週末は雨の予報が出ていたように思えます。

先週末も台風22号の影響を心配しましたが、大事には至らず、ほっとしました。
雨にもめげず、バンガローに1泊でご来場くださったお客様は
少々の雨など全く気にも留めず、ご持参のカヌーを楽しみ、鮭が見られたと喜んでおられました。
お子様たちは落ち葉が積もった場内にラジコンのジープを上手に操作して楽しそうでした。
この時期、快晴の夜は星がきれいです。
澄んだ空気の下、焚火を囲んで夜空を仰ぐのはキャンプならではの楽しみですが、
そんな翌朝の冷え込みはかなり厳しいものです。
幸か不幸か、雨模様のため、冷えは大したことがなかったようです。 よかったです。

  

  

  

  


  キャンプ場は11月いっぱいで今年度の営業は終わり、
  12月から4月半ばまでの冬季休業に入ります。

  小さなひっそり隠れキャンプ場ですのに、今年も、GWから始まり、週末、特に3連休、
  それから夏休みにお客様を迎えることが出来ました。 
  皆様のご来場に楽しい思いをさせていただきました。 ありがとうございました。

  11月は3日と23日の休日に来られるお客様がありますが、秋晴れであるよう祈っています。
  
  

  
  

   
  


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サフラン 今年最初の一輪 | トップ | 冬の 暖かい日の 招かれざる... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (Yuko)
2017-11-03 10:55:48
あっという間に11月。
10月は2度の台風があり心配していましたが
更新を読んでホッとしています。
もう茨城で20年なんですね。
こちらも10年かなと感慨深いです。

サフランの花とても素敵。 2本でもきれいなサフランライスが炊けるのではと思っています。

今年栗が不作だったと農園から連絡が入って
栗ごはんを頂き損ねてしまいました(/_;)
季節の変わりめ お体に気を付けてお過ごし下さい。
コメント (キャンプ屋です。)
2017-11-03 14:58:53
お久しぶり。 お元気そうですね。
台風でご心配くださり、ありがとう。 
今度もセーフでした。 よかったです。
日に日に秋らしくなってきました。 毎週末雨でしたが、文化の日の連休は久しぶりにお天気続きの様子。 晴れだと朝晩が冷えます。今日のキャンプのお客さん大丈夫かな~。 若いから大丈夫か。 私たちだって昔は冬にキャンプしたのですもの。 でも、今はもうダメ。寒がり屋になりました。
栗が不作だったのですか? クルミも例年に比べると少なかったかも。 
お元気で。 風邪ひかないように。 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キャンプ場だより」カテゴリの最新記事