キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

12月に入ったキャンプ場

2017-12-03 22:14:28 | キャンプ場だより

奥久慈でも、1年を通じて営業しているキャンプ場はありますが、
私たちのキャンピングガーデン家和楽は12月1日から4月半ばまで冬季休業に入ります。
この地は大子ほど雪は降りませんが、凍結しますので、
毎日使わないトイレ、水場、シャワーの水道は止めて水抜きをしておかないと大変なことになります。
それゆえ冬季は営業していません。

12月1日、早速、施設内の水道栓を止めて、水抜き作業をしました。
毎年、完全に水抜きしたと思っても、どこか抜き忘れがあります。 
その結果、シャワーのボイラーなどを傷めて、落ち込むのです。
今年こそは完璧に出来たんじゃないかと思っています。

        
場内の木はすっかり冬木となりました。
ついこの間まで、銀杏が黄金色に輝いていましたのに、
今や敷地中、落ち葉の絨緞です。

    11月18日

   11月19日

    11月19日

    11月24日

    12月3日

   12月3日 

  
今朝、そろそろ本腰を入れて、落葉掻き集め袋詰めしなければならないと思いながら、
庭を歩いていました。
すると、何と、昨夜あるいは今朝、イノシシがサイトを歩きまわして、
あっちを掘り堀り、こっちを掘り堀りした様子!!

   

早く、落ち葉を片付けなければ、サイト中、穴だらけになりそうです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  晩秋の夜の訪問者 ウスタ... | トップ | 2017 クリスマス の 贈り物 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キャンプ場だより」カテゴリの最新記事