八ヶ岳キリスト教会 牧師ファミリーのブログ

〒408-0012
山梨県北杜市高根町箕輪3219-2

ザック

2017年06月10日 20時12分47秒 | テスト
筋トレの娘がクタクタに疲れて帰ってきた、高知の姉が送ってくれた

おいしい小夏を「おいしい」と食べてからソファーの上でスースーと

眠った娘・・その時、ふと7年前の出来事を思い出した、

娘は大学で山岳部に属しており、メンバーとハードな登山に夢中で

挑戦している日々が多かった、その頃、田舎牧師の母との同居が始まった・・

ある時、予想しなかった大騒動が起きた・・

登山するため、早朝3時、娘は登山用の大きなザックに荷物を入れて

忘れ物がないか最後のチェックをしていたところ・・そこに、田舎牧師の母が

突然あらわれた「なにをしてるだい?」と母、

「山に登る支度をしているんだよ」と筋トレの娘、

「どこに行くだい?」と母、

「山だよ、山」と娘、

「こんな早く行くだかい?」と母、

「そうだよ、みんなを起こしちゃうから、そんな大きな声で話さないで」と娘、

「この荷物はなんだい?こんな荷造りしてどこに行くだい?」と母、

「山だよ、山、少し静かにして、みんなを起こしちゃうから」と娘、

「こんな荷造りして家出をする気かい?そんな人の道を外れたことをしちゃあ

ダメだよ、わたしゃ、何がなんでもゆるさんよ」と必死で説得する母、

「もう、やめてよ、山に登るんだから」とザックを背負った娘、

「そんな人の道をはずれたことはやめてくりょう」と止める母、

「静かにして、みんなを起こしちゃううから」と出かけようとする娘、

すると、「おーい、おーい、みんな起きてくりょう」と大絶叫した母、

「なに?いったい何事?」と家族みんなが起きた・・

そこには、大きな勘違いをし心配で興奮している母が仁王立ちになっていた・・

「おばあさん、家出じゃないよ、山上りだから心配ないよ」と田舎牧師、

その日は家族みんな寝不足となりました、

そんなハプニングを思い出してしまった今日でした。

それではまた明日。イエス様の祝福があなたの上にありますように。


明日11時から礼拝があります。一緒に心からの礼拝を捧げましょうね。

高知のおみやげに塩けんぴを持っていきますね、






感謝をささげる事はあなたがたの力です、聖書。





      2017,6,10.       トマトでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暴走族のおばさん? | トップ | 小さな田舎の教会さえも »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雑感 (コルネリオ)
2017-06-11 09:48:40
お母さんの勘違い、笑えました😆。
家出人多いですからね。
若い女性の家出人は特に被害に遭い易いですから。
世の中畜生の様な人間は多いです。
これも先日米国アクション映画で聞いたセリフです。
女 「ケダモノ❗️」
男 「俺はケダモノではない、俺はケダモノより残酷な人間だ」
これは黒澤監督原案の脚本で
シェークスピア「リチャード三世」のセリフ
アン 「ケダモノ❗️」
リチャード「ケダモノにも哀れみの心はあるが自分には無い、だから私はケダモノでは無い」
が下敷きになっているそうです。
仕事で家出の理由を覗く機会も多かったですが、大体は不倫だとかの男女のもつれでした。
その次に多いのが借財関係。
実に人間は愚かで滑稽で残酷で悲しい生き物。
誰もが持っている要素ではありますが。
元旦早々、背中に幼児を背負い両手に二人の子供の手を引いた男が現れた事ありました。
聞くと新潟からから来たそうで、家出した妻が川崎の風俗浴場で働いているかもしれないとの口上。
その姿が哀れだったので良く覚えています。
奥さんに逃げられた男は哀れです。
妻の評価では、私は一人でも生きて行けるタイプだとか(笑)。
結婚してからも自分の事は妻任せにせず自分でやっていたからでしょう。
あまり頼られないのも意外と寂しいのかもしれません。

今日の礼拝も後半出席です。
Unknown (トマト)
2017-06-11 22:37:17
家出する人多いんですね、

訳アリの方が多いのは悲しいことです、

家庭が幸せであってほしいと心から

願います、

母の平和な勘違い、と心配はかわいいもんです

ね、それではまた。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL