やっとかめヒコたろう

身近なスマホ写真をアップしてます。お気楽にご覧ください。 *記事、画像の無断転載お断り。

田んぼの移ろい (12)

2017-07-01 | 日記
なんと言っても、田んぼには雨降りが似合いますね。
急激に伸びてきました。



明日は、半夏生(はんげしょう)

そこで、半夏生の解説。

雑節の1つで、半夏(烏柄杓)という薬草が生える頃。一説に、ハンゲショウ(カタシログサ)という草の葉が名前の通り半分白くなって化粧しているようになる頃とも。様々な地方名があり、ハゲ、ハンデ、ハゲン、ハゲッショウ[1]などと呼ばれる。

七十二候の1つ「半夏生」(はんげしょうず)から作られた暦日で、かつては夏至から数えて11日目としていたが[2]、現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日となっている。毎年7月2日頃にあたる。

この頃に降る雨を「半夏雨」(はんげあめ)と言い、大雨になることが多い。地域によっては「半夏水」(はんげみず)とも言う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日は話題が満載 | トップ | アンブレラフラワー »

コメントを投稿