現代視覚文化研究会「げんしけん」

アニメ・ゲーム・漫画の視覚文化が日本を元気する!
仲間の絆。妄想力。中二病。大いなる夢。
そんな作品を書き記す!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

地獄少女 第十三話「煉獄少女」

2006年01月08日 22時35分13秒 | アニメ・映像全般
 第十三話のストーリーは「古本屋「江黒堂」で【柴田】が手にした古い一冊の本、そこには地獄通信の話そっくりの「煉獄少女」という小説が掲載されていた。【柴田】は作者である【福本】という男を探し当てる・・・。【閻魔 あい】の行動の目的とは?」という感じに展開されます。
 見所は、戦国時代・江戸時代を越えても存在し続ける「地獄通信」と【あい】の存在意義を描きたかったと思います。言えば、人が生き続ける限り「地獄通信」も【あい】たちも消えないって事ではないでしょうか?それと【あい】は、存在を忘れて欲しくないと感じました。その為に今回は【あい】自身が行動を起し、【つぐみ】に同調させ、【一】が【福本】の所へ行くように仕向けたと思っております。
 物語は、数多くの蝋燭、名の刻まれた蝋燭が描かれる所から始まる。その中に、今にも消えかかりそうな蝋燭が・・・これが【福本】の蝋燭だった。劇中では【つぐみ】が【あい】に同調しているシーンから描かれている。【あい】はどこに向っているか?本屋街・・・喫茶店・・・一軒の古本屋へ・・・インコと店主が見える・・・そして【あい】は店の本棚から一冊の本を手に取る・・・そこで「つぐみ・・・おい!つぐみ」と【一】の呼ぶ声が聴こえた。【つぐみ】が我に返るといつもの家だった。【一】と食事中だったようだ。【一】は「ひょっとして、見えたのか?」「うん」と頷く【つぐみ】。「どこだ?どこが見えたんだ?」「本屋さん・・・古い本が置いてある」「古本屋だな・・・店の名前は?」と首を横に振る【つぐみ】。「じゃあ、どんな本屋だった?どんな本が置いてあった?」と矢継ぎ早に質問をするので【つぐみ】も困った表情をする。「漫画とか、小説とか、外国の本とか・・・」と言っていると【つぐみ】が下を向いて顔を赤くした。「黙っちゃ分からないだろう・・本のタイトルだけでもいいから・・・どうして言わないんだ」と【一】も困り果てるが「さては、大人の雑誌でも置いてあったか?」と言われて、図星の反応をする純情な【つぐみ】。それでも【一】はその反応を面白がっていると【つぐみ】が涙をためて怒り出し「はじめちゃんのバッカー!!!」と持っていた茶碗をぶつけられたらしい・・・【一】の鼻には絆創膏がはってあった(笑)。【一】は【つぐみ】の見た物を頼りに【あい】に関する手がかりの捜索を開始する。
 場面は変わり【あい】の家の裏手の川で会話する【一目連】【輪入道】【骨女】たち。【一】「お嬢は、何をする気なんだろう?」【輪入道】「さあな・・・」【骨女】「いいさぁ、いざって時はあたしたちがあの男を・・・わかっているね?」と2人も同意の意味を込めた返事をする。
 その頃、【一】は【つぐみ】の見た古本屋にたどり着き、本屋の店主に「地獄通信・・・知っているだろ?」と聴くが、分からないとのジェスチャーをされる。そこに、背後から一匹のインコが飛んで来る。そのインコが代わりに答える。【一】も驚きを隠せない。この場面は、摩訶不思議で、かなり怪しい店主とインコ面白かったですね。【一】は「あいは、なぜここに来たか」を考えている。また、店主に「昼前、女の子が来ただろ?」と聴く。インコと普通に会話する【一】。「ここで何を?」「立ち読みだよ」と教えられて、その本棚の前に立ち一冊の本を手に取る。「こっこれは・・・」と『煉獄少女』というタイトルの小説を見つける。内容を読み「地獄通信」との奇妙な一致を感じる【一】。再び、先程の古本屋に戻り、作者の事を尋ねる。その話の中で『煉獄少女』が掲載された雑誌「肉と櫻」の元編集長が生きている事を知り、連絡し本人と会う事にする。そこで作者が【福本】である事を教えられる。その『煉獄少女』の原稿を渡されめくって行くと「違和感を感じる挿絵」と「古い写真」が出て来た。編集長だった人物から【福本】と【大河内】の関係、急死した大河内、死んだ【大河内】の穴埋め的な小説が『煉獄少女』だと言う事も語られた。その「違和感を感じる挿絵」には、雑誌のイメージに合わないと差し替えられた本当の挿絵が存在した。その挿絵は「あっ・・・地獄少女、あい・・・」と驚愕する【一】。
 【一】は【福本】と【大河内】の間にあった事を確めるべく、本人に会う為に【福本】が住んでいるとされる50年前の住所へ向う。2人の関係には【福本】の妻の自殺が絡んでいた。その後、急死した【大河内】も・・・この一連の流れが『煉獄少女』との類似点が多い。その50年ぶりの場所は、かなりの変わり様だったが、その中に建っていた古アパートのベランダに干された洗濯物を見て【福本】が居る事を確信する【一】。「福本さん!福本さん!」とノックをするが居留守を使っているらしい。時間も経ち夕方になり、「この子の事で聴かせて欲しい」とドアの下の隙間から『煉獄少女』の挿絵を差し入れ、実際に会っている事、挿絵の子が地獄少女と呼ばれている事を言うとドアが開いた。「入んなさい」と一人の老人の声がした。その老人こそ【福本】だった。本人も命が消えかかっている事が分かっている様だ。【一】は単刀直入に「あなたは地獄少女に会った事がありますね?」とテーブルの上に「肉と櫻」を置く。咳き込みながら「なっ何をバカな事を・・・」とはぐらかすが、【一】は、地獄通信の事、若者たちがアクセスし行方不明者まで出ている事を説明する。「何の為にこんな事をするのか?・・・何とかして、これを止めたい」と言う。すると今まで黙っていた【福本】が口を開く「私の頃は、新聞の尋ね人欄だった・・・」
 この場面で語られる。【大河内】の【福本】の妻に対する凶行、その事を苦にした自殺による死。【大河内】に対する殺したい程の憎しみが余白だった尋ね人欄に「貴方の怨み、晴らします」の文字が浮ぶ。その書かれた小説の内容が、全てあった事実で書かれた事だと【福本】自身の口から語られるのだった。【福本】は自身の身体に刻まれた「地獄の刻印」を見せて「思えば、私の人生はこの刻印との闘いだった」と言う。この刻印を忘れる為に様々な事をした。「だが、何をやっても心が晴れる事はなかった・・・」とも続けた。この事は運命であり、地獄へ行く覚悟も出来ている【福本】。「私の最後の仕事を見せて上げよう」と奥のふすまを開けると・・・部屋いっぱいに【あい】が描かれていた。数々のキャンバスにも【あい】。正面には大きな肖像画の【あい】が描かれていた。「あっ・・あっ・・閻魔あい」とこの光景に言葉が出ない【一】。【福本】は「地獄に行ったら、またこの子に会えるかもしれない、それだけが楽しみだ」と言う。「楽しみ?彼女はあなたの人生のめちゃくちゃにしたんですよ」と言うが「それは、違う。私の人生をめちゃくちゃにしたのは大河内だ・・・」と告げる。私はこの【福本】さんの言葉は正しいと感じた。そして「彼女には感謝すらしている」とも言う。「いったい、何なんだ地獄少女ってのは・・・」と戸惑う【一】。「人ならぬ者、いや、かつては人だったかも・・・」と言い、【あい】の肖像画に筆をはしらせる。【福本】は【あい】に対する「愛情」としての感情を懐いているのではないかと考えている。「どうして、煉獄少女を書こうと思ったのですか?」と質問する【一】に、「それは、私の意思ではなく、彼女の意思だったのかもしれん・・・兎に角、誰かに伝えねばならなかったのだ・・・」「誰かにって、それは?」【あい】の肖像画に向っていた【福本】が振り返り「そうだ・・・君にだ」と告げる。さすがの【一】も表情が強張り、後ずさりをしてしまう。【福本】はパレットを床に置き、【あい】の肖像画を見つめていると、【あい】の肖像画の目から涙が溢れて来るのだった。「泣いてくれるのか・・・私の為に・・・」と【福本】も笑みを浮べ、涙した。
 最後の船上では、【福本】「ようやく会えた・・・あなたは変わらないな・・・相変わらず美しい・・・地獄で大河内に会えるかな・・・」と言うと目の前に座っていた【あい】が「地獄も結構、広いから・・・」と言う。この言葉の前に一瞬、口を開きかけて何かを言おうとしていたが・・・【あい】は【福本】に何を言いたかったのか?考えると面白いですね。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 舞-乙HiME 第13話「茜色の空... | トップ | 陰からマモル! 第1話 「ま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
地獄少女 第13話『煉獄少女』 (★虹色のさくらんぼ★)
2週間ぶりのアニメシャワー(^Д^)ノ とりあえず地獄少女から♪ ※ネタバレを含みます。
地獄少女 第十三話「煉獄少女」 (パプリカのアニメ鑑賞よた話)
地獄通信 アニメ・パプリカ 大好評の社会派アニメ「地獄少女」。 今回は、あいちゃんにその昔、依頼したことのある人のその後の人生を中心にエピソードが進められた。 つぐみが、あいちゃんの動きを察知。そそ証言を元に、柴田父が場所を特定。 そこで、あいちゃ.
地獄少女 第13話感想 (少年カルコグラフィー)
 今回のような、セピアな不気味さを演出している話は好きですね・・・。 第十三話「煉獄少女」
地獄少女 第13話 (アニメは声優)
「煉獄少女」 はじめちゃんにどんな本が並んでいたと聞かれて、 エッチな本と言えずに赤面するつぐみたんに萌え。 つぐみたんがインスパイヤした古書店を見つけ、店主に声を掛ける。 すると、鳥が応答する。 「地獄通信ていうのは記憶にないなあ。どんな表紙かな。
地獄少女 13話 (ホビーに萌える魂)
今年最後の放送となった地獄少女は、過去の依頼者・福元が命尽き果てて地獄に流される話。メインで活躍したのはその依頼者を取材した柴田一でした。それと地上波では年明けに放送予定ですのでネタバレ注意です(^_^;)
地獄少女 第十四話 (夕闇の彼方より)
キッズステーション アニメ地獄少女「第十四話 袋小路の向こう」   オープニング…   帰ってきた「閻魔あい」に、おばあちゃんが   「あい、また悩んでいるんだね」   悩んでいるのかー     ストーリーは、善悪の判断が微妙な….
地獄少女 第13話 煉獄少女 (なななな駄文)
はじめに本の内容を問い詰められてキレるつぐみにちょい萌え。 幼女を言葉責めとは大人げないですね。 死後地獄送りが決定している人間の人生がどうなるのかっていうお話でした。 一時は自暴自棄になるも結局地獄少女に感謝すると。 こんな波瀾万丈の人生ならこの爺さ.
地獄少女 13話「煉獄少女」 (こころに いつも しばいぬ)
なんていうかなぁー、使う人次第なんだよなー。このシステム。 あらゆることにも同じことが言えるけど。 地獄少女も、何年何十年どころじゃない、何百年単位で同じことやってきて 今更揺れる心もあるまいて。(酷)
アニメシャワー (よせあつめ離島)
1月7日のアニメシャワー感想 地獄少女 第13話 『煉獄少女』 一ちゃんがつぐみの見た映像からあいについて調べていくお話。 ていうか、一ちゃんがモロ主役。 ポストに手紙入れて依頼するって鬼太郎ですか。 嫁が親友にレイープされ自殺に追い込.
地獄少女 第13話『煉獄少女』 (亀のいる生活)
地獄少女が生まれた話なんだと思っていたらそうではありませんでした。
地獄少女 第13話 (世界のどこかでアホ毛と叫ぶ)
最近おもしろくなってきたなぁ しかし地上波は少し遅れ気味なのがツライ つぐみに激しく萌え 開始早々管理人撃沈っ! 口は災いの元 古本屋のガマガエル って鳥がしゃべったー!! ワンピースかよ パニく.
地獄少女 #13「煉獄少女」感想 (endlessspace-無限空間)
あいの恥らう顔 萌えぇ~(;´Д`) 福本のおかげであいの過去が明らかに あいの歴史は安土・桃山時代にまでさかのぼり 伝達方法を変えて今も続いていると。 それでも恨みは絶えず地獄送りにされる人はいます。 物語は佳境へ・・・ 感想 かなり面白い
地獄少女 第13話 (ルナティック・ムーン)
[つぐみが見た夢・・・古書店を探して柴田はある店に来た。そこで見た戦後すぐのカストリ雑誌に「煉獄少女」という作品があった。作者を追っていく内に、柴田はその煉獄少女が閻魔あ
地獄少女 第十三話 (ぶろーくん・こんぱす)
 煉獄少女。あいのライバル出現?それとも、地獄少女誕生秘話?とかあらぬ期待をして
地獄少女が急に面白くなってきた (蜂蜜とアメーバー)
人を呪わば穴ふたつ 「地獄少女」3話目位から 必殺仕事人&スカイハイパターンばかりで脚本もヌルイし これで2クール持つんかいな・・・と思ってたんですが ここ数週でかなり持ち直しましたね。 てゆうかお仕置きコントが無いと普通に不気味でせつないいい話に
地獄少女 「煉獄少女」 (自由で気ままに)
地獄少女は現代だけではなく過去から存在していたと・・・
地獄少女…あの世へ行く時はあいちゃんと…(〃∀〃)ポッ (zenの日記)
今日の地獄少女は 煉獄少女を追うハジメちゃんのお話でした… いきなりトリップしてるつぐみちゃん 本屋さんが見えたらしい… エッチな本が 置いてある 大人の本屋じゃないかと 問い詰めるハジメちゃん テレるつぐみちゃんが とっても可愛い(〃∀〃)ポッ
地獄少女・第13話 (たこの感想文)
「煉獄少女」 今回は、いきんり地獄流しをした証の蝋燭。そして、あいの視線を辿るつ
地獄少女 13話「煉獄少女」 (* Happy Music *)
今までの依頼者たちの名前が書かれた大量の蝋燭が、燃えている。 その中に、今にも消えそうな一本の蝋燭が? つぐみが再び、あいの行動を見た。 今度見たビジョンは、とある古書店
地獄少女(13) (王様の耳はロバの耳2.0)
[TVアニメ 地獄少女 第十三話「煉獄少女」] 地獄少女、閻魔あいの過去編 相手を地獄に送ってもらった人間の末路を描いた回でした。 柴田一が閻魔あいを追いかけ、閻魔あいはそれと
地獄少女 第13話「煉獄少女」 (燃え上がれ!コレクター魂!!)
毎回、地獄少女あいちゃん関連のビジョンを見てしまう、つぐみちゃんはカワイソウですね^^; まぁおかげであいちゃんらの謎がとけそうなので嬉しいんですけどねw それにしても
(アニメ感想) 地獄少女 第13話 「煉獄少女」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
地獄少女 1 このアニメが2クールであることを最初聞いた時は正直「ええ!?」と思いましたが、最近は面白くなってきたため2クールの視聴にも十分耐えうるアニメであるとおもいはじめています。今回のタイトルは「煉獄少女」何とも意味深なタイトルですね。楽しみです。
第拾参話「地獄よい所一度は追いで」 (睡魔と戦うのって大変だ)
第拾参話 【煉獄少女】 12話の感想が飛ぶ事をお許しください(面白かったんですよ) 今回の話しは、 朝食時つぐみが閻魔あい視線へと突然トリップしますその見た物を手がかりにジャーナリスト柴田一の視線で物語が進みます 古い書籍(一さんのセクハラ発言で恥ずかし
地獄少女 第13話 (オヤジもハマる☆現代アニメ)
地獄少女 1  サブタイトル「煉獄少女」   シリーズの真相に迫る、重要なエピソードかも!   以下詳細  ***********
地獄少女 第13話 (Cosi Cosi)
地獄少女 1〔DVD〕 2006/01/25発売 22%OFF 3話収録+エンディングテーマ「かりぬい」のビデオクリップを収録 4つの初回生産特典 ● 岡真里子描き下ろし三方背BOX ● 憂鬱カルタ「地獄あわせ」一組封入 ● スーパーピクチャーレーベル ● シリアルナンバー入り地獄少女
地獄少女第13話『煉獄少女』 (こじこ脳内)
今週は、今までと全く違う展開ですごく楽しめた。 うえだゆうじ…喋りっぱなし! いやぁ~、たまらない♪ 柴田は何がしたいんだ? 真実って一体何? それを突き止めて何になるっ
地獄少女 第13話 (月の静寂、星の歌)
副題「煉獄少女」  地獄流しの依頼者たち――。  彼らが、まだ命ある証の蝋燭。  遠く、近くに立ち並ぶ不気味な光景。  鷹村涼…と見えるのは恐らく、  ストーカー、如月刑事を流した依頼者、鷹村涼子。  橋本真由美。  いじめの首魁、黒田亜矢を流.
地獄少女 第十三話「煉獄少女」 (KONOMIX ~趣味に生きる~)
DVD地獄少女 1 冒頭はつぐみの可愛い一面をみることができ、なに気に萌え。後半あたりからは閻魔あいについての話で微妙に感動…。期待したとうりの話でよかったWA 今回はつぐみの能力であいの居場所を知るところからスタート。あいはわざとつぐみに自分の居場所を教
地獄少女13話「煉獄少女」 (kasumidokiの日記)
13話目。 50年前の契約の跡を辿る柴田一。 彼が見たものは、閻魔あいが見せたかったものでした。 御嬢の狙いは柴田一の何なのでしょうか。それとも、はじめちゃんがつぐみの父であるという要因の方が重要なのでしょうか。
地獄少女 第13話「煉獄少女」 (Eternal World)
今回初めて依頼者が死んだんで書いてみました。(本当はその前に1人だけ死んでますが) また見るつぐみ。 また見たつぐみに色々と聞く一。 最初は良かったんだけど、どんどん話
地獄少女第13話「煉獄少女」 (自堕落高校生日記)
ついに今回地獄少女の謎が明らかに!? 柴田の調査は実を結んだのか
地獄少女 (好きなものを好きと言える幸福)
第13話 煉獄少女 【煉獄】・・・カトリック教会の教義で、天国と地獄の間にあり、
地獄少女 第十三話「煉獄少女」 (今日もコレクト!)
柴田が古本屋で見つけた1冊の本。 そこに書かれていた物語は「地獄少女」に そっくりな「煉獄少女」の物語。 古本屋の店主、もしかしてCP9の方ですか? 50年前に書かれた話だが果たして同一人物なのでしょうか。 年齢的には障子越しのおばあさん.
地獄少女#13「煉獄少女」 (今日もお部屋で -アニメ過多TV中心生活-)
あれれ? つぐみちゃんの髪型、元に戻っちゃった。 前回の下ろしたバージョン、良かったのにぃ。残念! そんなつぐみちゃんが透視(?)した古本屋さんを、ひたすら探し回るはじめちゃん。 普通はエスパーか? とか、 地獄少女となにか関係あるのか? とか、 色