ポケットに映画を入れて

今までに観た昔の映画を振り返ったり、最近の映画の感想も。欲張って本や音楽、その他も。

『今年のベスト映画を教えて!』に参加して

2016年12月28日 | 2010年代映画(外国)
お題「今年のベスト映画を教えて!」に参加中!
劇場に足を運んだ回数が、今年は20回にも満たない。
だからベスト映画は、と言えるほど鑑賞していないことになる。
それでもやはり強烈な印象を残し、忘れ難い作品はある。
それを3本あげれば、まず最初は『オマールの壁』(ハニ・アブ・アサド監督)。
この作品は、パレスチナ映画ということもあって、まあ、いわゆる一般的ではないかもしれない。
しかし今年観た映画の中では、文句なしの最高作品であった。
後は、『レヴェナント』(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)と『君の名は。』(新海誠監督)。
この2作品については、説明の必要はないと思う。
これ以外の作品で、例えば『ルーム』(レニー・エイブラハムソン監督)とか、『孤独のススメ』(ディーデリク・エビンゲ監督)も印象深いが、
そうなるとあれもこれもとなってしまうので、以上でお終い。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ジュリエッタ』を観て | トップ | 2016年 キネマ旬報ベスト・テ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
パレスチナ作品 (ろこ)
2016-12-28 19:30:03
こんにちは。
 パレスチナ作品をトップに選ぶとはさすがに渋いですね。
 今年はツカヤスさんのご紹介で映画館まで足を運びました。
 やはり映画館で見る映画は迫力があり、音楽と言い、映像と言い、家でみるのとは違います。
 映画には音が欠かせませんね。大音量で見る映画は迫力満点。映像と音の記憶は脳に刻まれます。
 あまり知られていない渋い作品も、紹介してくださいませ。
 今年はよい映画をこのブログで紹介していただいて、いつもよりたくさん鑑賞できました。
 ありがとうございました。
 来年もどうぞよろしくお願いします。
コメントありがとうございます。 (ツカヤス)
2016-12-28 20:37:41
ここんところ、なんやかんやで映画から遠のいてしまいました。
気になる作品はあったのに、後の祭りです。
こうなると、レンタルDVD待ちになります。
これからは余裕ができそうなので、また観て書いていこうかなと思っています。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿

2010年代映画(外国)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL