ポケットに映画を入れて

今までに観た昔の映画を振り返ったり、最近の映画の感想も。欲張って本や音楽、その他も。

『とうもろこしの島』を観て

2017年08月04日 | 2010年代映画(外国)
『とうもろこしの島』(ギオルギ・オヴァシュヴィリ監督、2014年)を借りてきた。

舞台は南コーカサスの、ジョージア(旧呼び名・グルジア)と西側のアブハジアを挟んだエングリ川。
広くないその中州に、一人の老人がボートに乗ってやって来る。
小屋を建て、畑を耕し、コツコツと働く老人。

やがて老人は、孫娘とともに、この中州でとうもろこしの種をまく。
川には警備のためのボートが通って行く。
とうもろこしの茎が伸びたある日、その畑の中に傷ついたジョージア兵が倒れていて・・・

この作品が特異なのは、舞台の場面はこの中州だけ。
何もないこの中州を老人は耕す。
伝統としてここを耕すひとつのエピソードが、土の中から掘り出されるキセル口。
前任者も同じことをしていただろうはずの象徴。
でもなぜ、大洪水でも来れば消えてしまうはずの場所で、土を耕しとうもろこしを栽培するのか。

川のこちらをアブハジア側の偵察隊が行く。
日をおいて、中州のあちら側をジョージア側の偵察隊が行く。
要は、この中州は個人としての中立国なのである。
そんなアブハジアの老人の畑で、負傷して、息絶え絶え状態となったジョージア人の兵が見つかる。

この作品は、背景にあるアブハジア紛争について何も語っていない。
ただ、ボートで兵が行き交うというだけの、鋭い寓話の形でしか映像にしていない。
そればかりか、老人や孫娘、兵との会話もほとんどない。
映像の大半は、何もない中州から、いよいよとうもろこしが成熟し、最後には無残にもその土地が消え去る季節の流れ。
ラストで、それでも次の人が、この風習を引き継ぐだろうと感じさせる予兆。

映画で、知らない場所の人々に興味を持つこと、それに合わせて、その国の実状を多少でも知ろうとすること。
そんなことを思いたださせてくれる、地味でも優れた作品であった。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『年上の女』を観て | トップ | 『みかんの丘』を観て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2010年代映画(外国)」カテゴリの最新記事