ポケットに映画を入れて

今までに観た昔の映画を振り返ったり、最近の映画の感想も。欲張って本や音楽、その他も。

『人生フルーツ』を観て

2017年04月20日 | 日本映画
あるブロガーさんの『前編/森の妖精のようなスローライフ。。ドキュメンタリー映画「人生フルーツ」』を読んで、是非、その映画を観たいと思った。
『人生フルーツ』(伏原健之監督、2016年)、東海テレビ製作のドキュメンタリーである。
今年の1月に上映されたのを評判の良さからか、アンコールとして丁度上映されていたので観てきた。

高蔵寺ニュータウンの一角に住む津端夫妻。
美しい平屋は果樹や菜園に囲まれている。
建築家津端修一は住宅公団に勤務していた時に、元の里山の景観を活かした先進的な観光デザインを提案する。
しかし高度成長期の合理主義一辺倒の風潮とは折り合わず、高蔵寺の丘陵地は見る影もなく造成された。
その後、妻英子とこの地に移り住む。
ふたりだけの里山の再生が始まった。誰も思いもよらない方法で・・・
(劇場専用の通信誌から)

修一さん90歳、英子さん87歳。
300坪の敷地には、家のほかにキッチンガーデンとして70種類の野菜と50種類の果実を育てる。
季節の野菜に果物。それを使った料理にフルーツの焼菓子。
二人の生活は自給自足に近い。
と言っても、英子さんは月に一回ほど名古屋・栄の食品売り場へ買い物にも行く。

生活の場としての母家は、平屋30畳1間で、雑木林の中に隠れている感じの静寂そのもの。
日常は、穏やかに充実した日々として、それぞれに自分の日課を過ごしていく。

では、なぜ津端家のライフスタイルはこのようなのか。
住宅公団が発足した時に入社した修一さんは、高蔵寺ニュータウンの設計を任されるまでに、18団地を手掛けているエースだった。
高蔵寺計画で修一さんが描いたマスタープランは、地形を活かし、街の中に雑木林を残して風の通り道を作るというもの。
しかし、時代は経済優先で、修一さんが思い描いたものとは程遠いものだった。

そこで考えたことは、それぞれの家が小さな雑木林を作れば、ひとりひとりが里山の一部を担えるのではないかということ。
そのような思いを実践した家として、津端家がある。
そればかりでなく、修一さんは里山の構想として、隣りにある禿山に約1万本のどんぐりの木を市民を交えて植えた。
今ではその山が雑木林に包まれて、昔の殺風景な姿はない。

風が吹けば、枯葉が落ちる。
枯葉が落ちれば、土が肥える。
土が肥えれば、果実が実る。

こつこつ、ゆっくり

淡々とたおやかにその日の時間を楽しむ。
二人の微笑み。
人生は長く生きるほど美しくなる、という言葉。

これほどに、生きていることに充足した人をみると、我知らずこちらまで充実感に満たされてくる。
参考にしたい人生のしるべというべきか。
結婚する時、新居を高蔵寺ニュータウンにしようかと下見に行ったこともあり、今でも距離にしてすぐのそこに、このような人がいたのが感慨深い。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『コースト・ガード』を観て | トップ | 『暗黒街の弾痕』を観て »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
粛々と。。 (gumie)
2017-04-20 23:54:31
高蔵寺ニュータウンのお近くにお住まいなんですね

不思議な感覚になる映画でした

何でこんなに引っかかるのか、、
ズーーーと考えてました
淡々と日々を送ってるように見えて
実は
粛々と信念を貫く力に満ちてる映画でした
多くの人に観てもらいたい映画です
リンクを貼って戴き有難うございましたm(__)m
>gumieさんへ (ツカヤス)
2017-04-21 00:47:28
実はgumieさんの記事を拝読するまで、この映画のことは全然知りませんでした。
どうにか、上映期間に間に合って喜び、ひとしおです。
上映会場はミニシアターですが、名古屋は地元ということもあってか、
平日の午前中なのに立ち見の人も出るほど満員でした。
マイナーな劇場ですから、こんなことがあるのかとビックリしました。
やはり、良い作品には人が集まるのですね。
gumieさんには感謝いっぱいです。ありがとうございました。
「人生フルーツ」と経済成長 (雨あがりのペイブメント)
2017-06-10 23:26:58
 いつも楽しみに訪問させていただいてます。
 私はこの映画未見ですが、朝日新聞6月2日朝刊に関連囲み記事が掲載されていたのでおしらせします。
タイトルは『「人生フルーツ」と経済成長 脱成長主義をいきるには』と題して、佐伯啓思氏が書いています。
 ネットで読むことができますので、未読でしたら読んでみてください。
 その中で氏は、「経済成長を否定するつもりはないが、このグローバル競争の時代に、都市のニュータウンの真ん中で、ささやかながらもこのような生が可能なことを(映画は)示している」と述べています。
 経済成長の果てに私たちはどんな生き方を求められているのでしょう、ということを考えさせられる映画ですね。
>雨あがりのペイブメントさんへ (ツカヤス)
2017-06-11 01:03:33
貴重な情報、ありがとうございました。
早速、ネットで読みました。
内容に納得し、共感する事ばかりです。
そして、この作品を観た大方の人は、この意見と同じような感想を持っても不思議でないと思いました。
今後の参考のために、佐伯氏のこの記事のプリントアウトもしました。
なお、名古屋では評判により、この作品の3度目の上映が昨日から始まりました。
雨あがりのペイブメントさんも、そちらで機会がありましたら、是非鑑賞して頂きたいと思います。
決して、損な思いはしない作品のはずですから。
情報のこと、重ねてお礼申し上げます。


コメントを投稿

日本映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL