ポケットに映画を入れて

今までに観た昔の映画を振り返ったり、最近の映画の感想も。欲張って本や音楽、その他も。

『悲恋』を観て

2017年09月12日 | 戦前・戦中映画(外国)
前回の連想で、ストーリー、脚本がジャン・コクトー(1889-1963)の『悲恋』(ジャン・ドラノワ監督、1943年)を観た。

フランスはブルターニュ。
妻に先立たれている地方領主のマルクは、領地内の城に身内の4人と一緒に暮らしている。
一人が、亡き妻の姉妹の子で、両親のいない青年パトリス。
その他に、やはり妻の妹であるゲルトルートとその夫、そして夫婦の子アシール。

マルクは、パトリスには愛情を注いでいるが、ゲルトルート一家のことは厄介者に思っている。
しかしマルクにとって、ゲルトルートは義妹なので追い出すこともできない。

ある日、パトリスは、叔父マルクに結婚したらどうかと提案し、
マルクから了承を得た彼は、領地内の島へ花嫁探しに出かける。

船に乗って島に来たパトリスは、とある酒場で荒くれ者とケンカになり、ナイフで傷を負って気を失う。
その場にいた女性、ナタリーは周囲の人に頼み、パトリスを自分の家に運んでもらい・・・

傷が回復したパトリスはナタリーに、叔父との結婚を申し出る。
ナタリーは、彼女の婚約者気取りでいる荒くれ者から逃れられるし、
希望もない寂しい島から離れられると、その夢にのる。

このようにして物語はどんどん進んで行き、この成りゆきが観ていて最後まで飽きない。
それもそのはずで、内容は「トリスタンとイゾルデ」の伝説を基にしている。
だから、パトリスとナタリーには“媚薬”が重要な役割を果たすことになるし、
後半には、もう一人の“ナタリー”が現れる。

勿論、筋ばかりでなく映画的にも興味が尽きない。
特に、悪だくみをする小人症アシールの、パトリスを見る眼の表情などはサスペンスを帯びていたりする。
そして、パトリス役のジャン・コクトーの作品には欠かせない“ジャン・マレー”がナイーブで、全体の雰囲気にマッチしている。

この作品が多少は時代掛かっていると感じたとしても、私にとっては決して飽きることのない、非常に優れた「悲恋物語」であった。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『恐るべき子供たち』を再度観て | トップ | 『しのび泣き』を観て »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (テクテク)
2017-09-20 23:19:48
こんばんわ。

私も、こういうのが好きです(◠‿◠ )
最近全然、映画を観てないですが、
ゆっくりとした時間を作って
観てみたいです(^J^)
もう一人のナタリーが出てくるんでしょ?(^J^)
レンタルビデオあるといいですが。
>テクテクさんへ (ツカヤス)
2017-09-21 01:29:18
コメントありがとうございます。
この作品、レンタル落ちで手に入れました。
当時の映画は味があって、これもとってもいい内容でした。
同じ名のナタリーは、後半に出てきますよ。
これ以上書くと、筋をしゃべることになるので省略しますけど。
レンタル店の“クラシック・コーナー”に有れば、是非観て頂きたいです。お勧めします。

コメントを投稿

戦前・戦中映画(外国)」カテゴリの最新記事