ポケットに映画を入れて

今までに観た昔の映画を振り返ったり、最近の映画の感想も。欲張って本や音楽、その他も。

マルセル・カルネ・2〜『霧の波止場』

2017年10月08日 | 戦前・戦中映画(外国)
『霧の波止場』(マルセル・カルネ監督、1938年)を観る。

舞台はフランスの港町、ル・アーブル。
霧の夜道を歩いていた外人部隊の兵ジャンは、途中、トラックに乗せてもらって港に着く。
金も泊まる所もないジャンは、偶然知り合った浮浪者に、岸辺にわびしくポツンと建って人気もない酒場、“パナマズ”に案内してもらう。
食べ物を提供してくれる亭主と一緒に、ジャンが隣りの部屋に入ると、そこには、若い女性ネリーが窓の外を見ていて・・・

兵隊のジャンは、その雰囲気から脱走兵である。
だから、港から外国へ逃亡しようと考えている。
翌朝、港をぶらついていると、“明日の夕方にベネズエラ行きの船がある”ことをジャンは知る。
おまけに運がいいことに、“パナマズ”にいた、自殺願望の画家ミシェルが服や靴、パスポートを残して入水する。

片や、17歳のネリーは、小物店を営む養父ザベルの所から自由になりたい。

うす寒暗そうな雰囲気の港で、後ろめたい兵隊と孤独な少女が愛し合うようになる。
大メロドラマ。ジャン・ギャバンとミシェル・モルガンの相思相愛の劇。

そこに、店の用心棒のリュシアンが何かとからむ。
物語の筋書きが、うまい。
そればかりか、ジャンにいつも付いて回るのら犬が、いい味で効果を発揮する。

ラスト。倒れたジャンに向かって、ネリーが叫ぶ、「ジャン!」
そこへ、船の汽笛。犬が走る・・・

観ていて、しびれるほどのカタルシス。
もう、ムチャクチャいい。最高である。

船の汽笛と言えば、関連で、どうしても『望郷』(ジュリアン・デュヴィヴィエ監督、1937年)のラストを思い出してしまう。
汽船の甲板に立つギャビーに向かって、岸のペペ・ル・モコが叫ぶ、「ギャビー!」
しかしその声は、汽笛によってかき消され、ギャビーには届かない。

デュヴィヴィエ作品には、『商船テナシチー』(1934年)もあり、近々、取り上げていこうと思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加