繰り返しの人生

小さな命と楽しい小学生、老人の日常の日記と防犯プロよりセキュリテイ案内。
 

東京都職員の給与、12年ぶり改定見送り勧告。 猫のチャトが帰って来ません、お嬢達は公文教室です。

2016年10月19日 11時30分20秒 | Weblog

今日は天気で洗濯物にはありがたい、ねぼうをしてしまって朝はバタバタです。

東京都職員の月額給与について、都人事委員会は18日、今年度の改定を見送るよう知事と都議 改定見送りの勧告は、2004年以来12年ぶり。ただ、ボーナスについては0・10か月分引き上げ、年間支給額を4・40か月分とするよう求めた。

昨日は朝からの天気に浮かれたいがこの温度差と言うか気候の変化に体がついて行けない私です。でも毎日の生活があり自分が動かなければである。昨日もいつものように4時起きの「ばあば」の主導で一日が始まった。私も同じように起きて朝の業務を始める。脱走した猫の(ちゃと)が音信普通と言うか声も姿もかいもく分からず、保健所に届けておるが情報なしてたいへん心配な毎日です。猫は夜行性の動物であり昼探すのは難しいが夜も探しようがありません。夜中にご近所を探し回るが猫そのものの動きがありません。朝も早く起きるので暗い時間にご近所を探し回るが見つかりません。早く帰ることを念じて待つことにしている。朝の業務が済み、朝食が終わると家の周囲の道路の清掃と言うかゴミ拾いです。「ばあば」が買い物で自分の時間になるがぼっとすることが多いです。テレビでは国際オリンピックのバッハ会長と小池都知事の都庁での会談を中継しておりたいへん賑やかでした。午後ちょっと車で出かけると途中で母親より携帯に電話、内容は仕事中ですが胸等が苦しいので家に置いてある薬を店まで持って来て欲しい旨の連絡。急いで家に戻って届けるがことをし、私の用事は次回にすることにした。4時少し前にお嬢・わんぱく君が学校から戻り公文教室に向かった。6時20分に二人は帰ってきたが外は真っ暗で日の短さを痛感する。夕食はポテトサラダ・鶏のから揚げ・生野菜・餃子等をいただいた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仮設住宅の給湯器300台盗... | トップ | 揺れる輝き、万華鏡のような... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL