繰り返しの人生

小さな命と楽しい小学生、老人の日常の日記と防犯プロよりセキュリテイ案内。
 

男性カップル、里親に…大阪市が全国初の認定。新学期が始まる、母親も役員で入学式に出席する。

2017年04月06日 04時20分56秒 | Weblog

今朝は天気がよさそうだいつもより暖かい朝です。猫たちが少し煩いです。

大阪市が、家庭の事情で親元で暮らせない18歳までの児童を預かる「里親」に市内の男性カップルを認定したことがわかった。2人はすでに子供を預かり、養育しているという。市によると、同性愛や性同一性障害など性的少数者(LGBT)のカップルの里親認定が明らかになったのは全国で初めて。市によると、里親に認定されたのは、市内の40歳代と30歳代の男性カップル。

昨日の朝は天気がよく気温も上がったが午後からは曇り出し、風も強くちょっと気になる日でした。朝の我が家は学校が始まるので子供達は少しですがぴりっとしているかと思ったらのんびりでした。お嬢には6年生になるので早めに行かねばと6時に起こすことを要望された。わんぱく君はゲームが気になるので一緒とのこと。朝は「ばあば」の4時起きで我が家が始まった。私は5時で余裕を持ちながらの作業です。前日わんぱく君の汚れ物あり一部洗濯をしたからです。でも掃除はしっかりと行った。朝久方ぶりに学校に出かける二人を見送りです。お嬢は背中のランドセルに蝉がとまっているようで月日の流れを感じた。母親はPTAの役員を仰せつかってこの時期に学校の行事に出席せねばで出かけた。お嬢は10時40分頃帰ってきた。今度の担任は男の先生で昨年も6年生を担当されたとのこと。最後の1年頑張るぞであった。12時過ぎに母親が戻ってきた。入学式に出席で今年は93名の1年生よと言っていた。「でかぼうず」の時の半分には驚きで子供が少なすぎるであった。お嬢はとても元気で昼飯が済むと公文の復讐をしノート等が足りないと言って自分で買い物です。学校は新年度でと机の上の整理に精を出して自分自身を高揚させるように気合を入れていた。夕方の迎えはお嬢でわんぱく君は元気よくお帰りです。夕食は煮込みハンバーグでわんぱく君の要望でご機嫌でした。学校が始まり規則正しい生活を要求する私です。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野草アザミの成分に「アルツ... | トップ | ホテルのフランス料理シェフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL