繰り返しの人生

小さな命と楽しい小学生、老人の日常の日記と防犯プロよりセキュリテイ案内。
 

イカ水揚げ量日本一、駅降りたら「スルメ風鈴」  「でかぼうず」が下宿先に戻った。お嬢は日曜日でも塾です。

2017年07月31日 11時38分59秒 | Weblog

朝はとても良い天気であったが昼頃からは曇り空で蒸し暑さ最高です。座っているだけでも汗が出る。

青森県八戸市のJR陸奥湊駅で、スルメに鈴を付けた「イカ風鈴」が、涼やかな音色を奏でている。イカの水揚げ量日本一の街をPRしようと、JR東日本が2006年から毎年夏の観光シーズンに手作りしている。改札手前の通路には、カビを防ぐためニスが塗られたスルメに南部鉄器の鈴が付けられた風鈴54個がつるされ、チリンチリンと風に揺れては観光客の目と耳を楽しませていた。

昨日も朝から曇りで厳しい一日で夕方より小雨が降った程度で蒸し暑さが倍増です。昨日は日曜日で皆ゆっくりです。でも「ばあば」は食事が大事と言いながら4時半には起きていた。私もつられて5時起きです。でかぼうずが下宿先より戻って1週間です。前夜母親との話では日曜日の朝戻ると言っていた。気になるので6時過ぎに部屋に行き確認するとぐっすりで起きる気配がないのでそのままにする。7時過ぎにいつもの3人とお嬢・わんぱく君で朝食です。日中は蒸し暑く大変で時々エアコンの入っている居間でした。昼飯は我らと息子・お嬢で食べた。昼前に母親が仕事行って店にわんぱく君を連れていった。ぐっすり寝込んだでかぼうずを起こして朝・昼兼用の昼飯です。食べ終わると急に下宿先に戻らねばで支度をする。用意が出来たので駅まで送ると「行ってきます」と元気よく出かけた。戻ると今度はお嬢が塾で駅までおくった。でかぼうずが出かけてちょっと寂しくなるがわんぱく君が張りきっており賑やかです。夕食はスパゲティカルボラーナ・茄子の炒め物・生野菜等をいただき満足でした。お嬢の塾からの帰りは8時過ぎで母親の迎えでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓄電池で動くJR線と満開ヒ... | トップ | 大阪のタクシー、1300台... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL