繰り返しの人生

小さな命と楽しい小学生、老人の日常の日記と防犯プロよりセキュリテイ案内。
 

需要見誤り、防災ラジオ大量在庫…千葉の自治体。 わんぱく君は学級閉鎖で在宅、公文教室には出かけた。

2017年04月19日 08時50分16秒 | Weblog

朝から天気はよいが毎日風が強いのは困る。4日連続の夏日と言うが最近の陽気は変です。

東日本大震災などに伴う防災意識の高まりを受けて、千葉県内の13自治体が住民に配布しているアナログ式の防災ラジオが、需要を見誤るなどしたため配布しきれず、10自治体で計2766台の在庫を抱えていることがわかった。各自治体はラジオの購入に多額の費用を支出したが、通信設備のデジタル化で将来的に防災用として使えなくなる可能性があり、担当者は頭を抱えている。

 昨日は朝からの強い雨に空を見つめてしまう。徐々に小雨となったが風は強かった。春の嵐のようでびっくりです。以後急に暖かくなって部屋で上着をぬくような日であった。天気予報では3日続きの25度以上の夏日と言っていた。昨日は火曜日の朝で通常な状態の我が家、でもわんぱく君のクラスは学級閉鎖で休みの継続です。息子の駅までの送りは「ばあば」が頑張ってくれた。お嬢が学校に出かけ「ばあば」が買いものに出かける。母親も仕事と言って出かけるとわんぱく君と留守番になった。昼飯は3人で美味しくいただく。3時過ぎにお嬢が学校から帰ったので「ばあば」と買い物です。お線香を切らしてしまったのです。このお線香は高いのですが香りが素晴らしく特別の店にしか売っていないのです。時々二人で買い物するが余分なものを買ってしまい苦笑いです。4時過ぎにお嬢・わんぱく君は公文教室に出かけた。わんぱく君はすべてが休みと思ってゲームに集中で困ったことです。夕食はカボチャコロッケと私が色々買い物した食材で皆とても喜んでくれた。どうも私の体力は低下しており早目の就寝で対応した。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JR京葉線、強風の影響で一... | トップ | 大きな「命」、文字見て大切... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL