繰り返しの人生

小さな命と楽しい小学生、老人の日常の日記と防犯プロよりセキュリテイ案内。
 

地上124m、日本一高い献血ルームがオープン。お嬢達は病院です、午後からは塾で寝たのが11時過ぎ。

2017年04月21日 08時55分21秒 | Weblog

朝から曇り空、前日と異なり寒いかも。我が家の庭は花がいっぱいで香りもよいがとても綺麗です。

日本一高い献血ルームが20日、名古屋市中村区名駅のJRゲートタワー26階にオープンした。地上124メートルからの大パノラマが見られ、駅前の繁華街や名古屋駅の新幹線の発着のほか、夕日や夜景も楽しめる。献血した人には、ドーナツやひきたてコーヒーという県内初めてのサービスもあり、県赤十字血液センターの担当者は「会社や学校帰りに気軽に立ち寄ってほしい」と呼びかけている。

昨日は素晴らしい春の陽気、日の出が眩しいくらいです。木々や植木の新芽は見事です。朝の我が家は「ばあば」の早起きで始まった。私は体調不良で5時半起きであった。毎朝のことで6時20分に息子と3人での朝食です。お嬢が起きてきた、前夜遅くまで勉強していたのにと気を使う。わんぱく君も起きて朝食が始まった。またわんぱく君のクラスは学校唯一の学級閉鎖です。彼は楽しそうな顔をして勉強遅れるねと言うと大丈夫と自信ある顔でご機嫌でした。母親が起きてきて今日はお嬢・わんぱく君は病院と言う。毎月アレルギーの為国立病院での診察を受けて薬を受領している。もう5年以上続いているが本人も大変ですが親も大変です。9時前に3人で車で出かけた。洗濯物が多くやっと終わったとほっとしていると3人が病院から帰ってきた。症状は特に変りはないが薬はしっかり継続との指示でした。たくさんの薬を朝晩服用しないと夜中に発作がおきるからです。11時前に母親に連れられてお嬢は学校です。わんぱく君は学級閉鎖で休むのは当たり前のような顔でテレビ観戦でした。昼飯は有り合わせでいただいたが美味しかった。わんぱく君は午後から勉強と言っていたがソフアで眠り始め3時頃まで寝入っていた。お嬢が3時過ぎに戻り塾と言う。時間に合わせて駅まで送るがよく頑張ると感心する。わんぱく君が在宅で気になるが休みが長いのは気になります。学童保育も一週間行っておりません。夕食はニラレバ炒めで大きな鍋にいっぱい出来上がり美味しくいただいた。私はお嬢の迎えがあるので晩酌はお預けで夕食をいただく。7時20分に帰るコールで時間に合わせて駅まで迎えです。お嬢が家に着いたのだ8時30分、夕食を食べて宿題・予習をして寝たのが11時でお疲れ様です。お嬢との会話で昨日統一模試の結果が出たようでもう少し勉強せねばと言っていた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大きな「命」、文字見て大切... | トップ | PHS、来年3月で受け付け... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL