繰り返しの人生

小さな命と楽しい小学生、老人の日常の日記と防犯プロよりセキュリテイ案内。
 

「少年ジャンプ」、初の200万部割れ。  朝一番で「ばあば」と病院でした、お嬢達は公文教室です。

2017年05月17日 10時39分59秒 | Weblog

今朝は朝から曇りでちょっと肌寒いかも。周囲の木や草花の青さと言うか緑が濃くなったような気がする。

日本雑誌協会が公表している印刷証明付き発行部数で、集英社の少年漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」の1~3月の平均が191万5000部となり、2008年にこの方式での公表が始まって以来、初めて200万部を割ったことが16日分かった。同社によると、同誌の最高発行部数は1994年12月の653万部。

 昨日は朝一番というか、お嬢達が学校に出かける前に「ばあば」と一緒に病院です。「ばあば」は二か月に一回の定期診断があり私が必ず連れて行くのを建前としている。朝の一番の起床は私で4時半、「ばあば」を起こす。年と共に睡眠時間がと言うか早起きなのです。昨日も4時過ぎには外が明るくなって起きだしてテレビを観ていた。5時となり業務を開始です、なんでと言いたいぐらいの洗濯物の山が洗濯室にあり、ため息が出るがまずはと自分に言い聞かせながら洗濯機を回す。一つ屋根の下でも生活習慣が異なる。私は基本的には万年床は嫌う。ですからベットは好きでない。まして畳の上の布団をそのままは嫌なのです。でも我が家では「二人」この状況が好きというか何もせず寝起きすることを良しとするのです。このようなタイプの人は理屈が達者で外面が良い人に多いようです。我らが家を出たのが7時50分で病院には8時5分に到着です。所定の手続きを済ませ窓口に診察券を出すと5分後どうぞであった。とても空いており薬局より薬をいただき家に戻ったのが9時15分、早いであった。この以降「ばあば」いつものは買い物に出かけた。私は定例の留守番でありました。午後から使用で出かけて家には5時半の帰りでした。お嬢達は公文教室に出かけており6時過ぎに戻ってきた。いつものメンバーが揃ったので夕食です。夕食は冷やし中華で私のリクエストです。風呂は珍しくわんぱく君は一番でした。息子は毎日遅く体でも壊さねばと心配する毎日です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初夏にマツタケ、値段もびっ... | トップ | 犬も温泉治療で効能?臨床試... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL