繰り返しの人生

小さな命と楽しい小学生、老人の日常の日記と防犯プロよりセキュリテイ案内。
 

図書館の活用 地域の課題に寄り添う場所に。 強い雨で植物も人も迷惑です、お嬢達をスイミング教室に送迎です。

2017年05月14日 08時56分27秒 | Weblog

今朝は天気は良さそう。前日の強い雨で石楠花の花が無残、がっかりです。今度は少し花が小さいが白い石楠花の花最高です。

読書の楽しさを提供するとともに、地域の課題にも寄り添い、住民と一緒に解決に取り組む。これまでのイメージを超えた役割を担う、個性的な図書館が増えている。日本図書館協会の調査では、全国の約500自治体で、図書館を拠点にした地域振興の取り組みが進行中だという。

 昨日は朝からの強い雨に驚かされる一日であった。庭の植木の花びらがちょっとかわいそう。特に石楠花が満開時で花びらが可哀そうな状況であった。土曜日ですがいつもの朝と変わりません。5時過ぎに起きた「ばあば」と遅れること30分で私は起きてすぐ風呂に向かう。前夜お酒の飲みすぎか眠たくて寝てしまったのです。朝風呂はあまり好きでない私ですが汗ばんでいたので自然と入りながら洗濯機を回す。雨の朝ですが洗濯場には汚れものが山となっており少し考えてと家族に言いたい。ともかく出された洗濯物を処理するのは私の業務で10時近くまで時間を要したが履行です。土曜日で学校は休みですがわんぱく君は弁当持参で学童保育です。毎度のことですがお嬢が送っていった。お嬢は床屋にと騒いでいた。髪の量が多く長くなりとても暑苦しいとのこと。できれば少し短く切って髪をすいで欲しいようです。床屋には昼食後出かけることにした。昼飯は珍しく息子がラーメンを作ってくれた。学生時代、下宿で作った経験で5人分を美味しく作ってくれた。食べ終わると強い雨であったがお嬢と床屋さんに出かけた。全国展開のお店で先客が8人おり約1時間ほど待ってどうにかお嬢の順番で私がお願いして希望通りに出来上がり満足でした。家に戻りお嬢が学童保育よりわんぱく君を連れて帰ったのでスイミング教室に送る。1時間後お嬢を同じように送り自宅に戻る。風呂等の支度をして再度スイミング教室です。最後は迎えでお嬢のみと思ったらわんぱく君が受付の場所で折り紙を折って母親を待っていたので一緒に帰る。家に戻ると母親が待っており一緒に出かけた。夕食はから揚げ・ジャガイモのサラダ・生野菜で美味しかった。わんぱく君たちは母親のお友達の家に伺ったようで帰りは10時半過ぎであった。私は早めの就寝です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上場企業決算 円高に負けな... | トップ | JR北の維持困難線区、無人... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL