海人川人 やっさん(安田明彦)の釣って食って楽しんで

海釣り、川釣り問わずいろいろなジャンルの釣りを楽しみ、仕留めた魚をおいしく食べるためにさまざまな料理を作る

why?

2009-05-31 08:15:42 | 食べ物関連
宿の料理は、魚中心でした。

その中にガレージ、すなわちシャコが。

頭と尾がつき、背中の皮だけめくられていたのです。

阪神さんらと話していたので、背中側にあたる安陵さんやサンテレビの橋本さんらの話し声は時々耳に入るぐらいだったのです。

「コレッてどうして食べるんですか?」

何のことかと思って振り向くと、シャコを持っていたのです。

そうすると、尾を千切って、かぶりついていたのです。

上側の身だけを食べるんよ~。下は脚やから、というと。

え~~っ、ワタシ、全部食べた。

と安陵さん。

そう、腹側の脚の部分まですべて食べた、というではないですか。

ちゃうちゃう。この上側の身だけを食べるんヨ~。

知らんということは、こんなことなんですかね。

デモデモ、安陵さんに、よそってもらったご飯は、おいしかったワ。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

定期船

2009-05-30 07:04:48 | 釣り
姫路から家島諸島の坊勢(ぼうぜ)島行きの定期船は、ちょっと変わってました。

翌日の釣り堀大会の決勝のために、前泊したのです。

もちろんスタッフ全員。

安陵さんも、もちろん。



変わった船だったので、その前で写真を撮らせてもらいました。

部屋にはいるのではなく、扉があって、その下へ潜り込む形になっていました。

宿では、またまた珍事件が待っていたのでした。

この続きは明日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鵜来島 その3

2009-05-29 22:29:57 | 釣り

鵜来島の港にある石碑です。

2日めも、風つよし。

前日の夕食後、誰がどこに上がるかを決めます。

とりあえず、グンカンを希望。4人が決まり、あとは白岩へ。

グンカンは高場と低場があり、4人が上がれるのは高場。

低場は、この日3日めの2人組が希望なので、優先権があります。

風波で、しぶきが上がる所が1級ポイント。じゃんけんで決め、勝った山口さんが釣りよい高場寄りへ。その次が東山さん。しぶきと戦う決意を見せ、1級ポイントへ。山口さんの横へ僕が、その右側に潮見さん。

ガツンと尾長を期待したんですが…。

ちょっぴり顔を見せてくれただけで、終わってしまいましたわ。

高場では、何発も切られるシーンを見せつけられましたよ。

こちらはイサギが当たる程度。東山さん

や潮見さんとに。

見事にフラれた僕と山口さん。

でも、これが釣り。必ず釣果があるとは限らないのが、釣りなのです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

釣り堀名人戦決勝

2009-05-28 23:13:44 | 釣り
兵庫県水宝で、釣り堀名人戦の決勝が行われた。

優勝は誰の手に…。

ビッグフィッシングでは、6月18日放映です。

お楽しみに。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

武庫一スルメ

2009-05-27 09:29:03 | 釣り
今日発売のデイリースポーツの記事は、武庫川一文字・宮本渡船のスルメイカ。

行った日が、たまたままわりが悪かったようで、数は少なかったけれど、今年も釣れだしたって感じですね。

息子と行ったのは平日。

例の件で、休みだったから。自宅待機だったが、そんな親子連れの姿をよく見かけた。

こちらは、釣りもそうだが、名カメラマン役として、昼ご飯付きで誘ったわけ。

最近は多い人は40パイ以上、平均15から20パイでしょうか。

子供でも簡単に釣れるので、ぜひどうぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有田川 アユ解禁

2009-05-27 07:01:04 | 釣り
和歌山県有田川。

午前4時半過ぎ。

肌寒いアユ解禁だった。

特別採補で駅裏に入って、46尾だったので、あえてそこを外して入った。

掛かるのか。

水位はずいぶん低く、ポイント名である”まわり”はこれまでみたことのない表情を見せていた。

2時間丸ボーズ。

ようやく掛かって、それからポツリポツリと。

午後からは白石で、バタバタと短時間で掛かった。

9尾+9尾の18尾。

一緒に行った上西さんは、夕方までやって、41尾。さずが。

水位が低いので、ナイロンの方が無難かもしれません。

昼に白石に入ると、組合長さんがテントを張って、イノシシ鍋を振る舞ってくれた。

脂たっぷりで、おいしいのなんの。

その外の情報としては

日高川=全体にまずまずの状態。う回川、ダム上流の龍神がよかったよう。

日置川=ダム上は、40尾、70尾という数字が。ダム下も、今年は期待が持てそうな数字。

ということで、数年ぶりに、よい解禁を迎えたようですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有田川のアユ

2009-05-26 08:39:26 | 釣り
ようやく掛かった天然アユ。
人少ないので釣り良いのだ!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよアユ解禁

2009-05-26 03:13:33 | 釣り
5月26日。

和歌山県などでアユが解禁される。

もちろん、行く。

この10日ほど、釣りばっかり行って、体はくたくただけど、やっぱりうれしい。

その前に、有田川と日高川には、入ったけれど、やっぱり調査でなく、この日からずっと釣れるわけだから、うれしいのだ。

どこ行くか。

決まった。

有田川。

この続きは、現地から、携帯で報告しまっさ。

ほな、いってきま~~す!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鵜来島 その2

2009-05-25 08:32:06 | 釣り
魚が釣れないもんだから、釣れたいろいろな写真を撮っていると、同行した山口さんから、撮った写真は、何に使うんですか?

と質問が来た。

何に使うも、なにも、こうして、撮影することで、写真で魚の同定ができるし、データとして残しておける。それが、やがて、身となり華となり…。って、なったことあったけ。

いやいやあるんですよ。こんな写真ありませんか? と聞かれたときに、お出しすると、マネーに変わったりするわけですわ。

それが、我々のお仕事でして、コツコツ積み上げていくと、けっこうな魚の写真データが出来上がってしまうわけです。

で、

アカハタよね~、って思っていても、あまりにも小さい、13、14㌢ほどだし、はっかりわからなかったから、写真を撮ったってわけ。

それに、これまで釣ったことのなかった魚なので、妙にうれしかったりするわけですね。

こんなの水槽に飼ってたら、きっときれいだろうな~、なんて思ってしまいましたわ。水槽ないですけど…。

しばらくしたら、またまたこんな魚が



これは、イトフエフキでピンポンでしたが、写真がなかったので、一応おさえにって撮影。

これを釣った後に、トンビが旋回しだし、欲しがっているようなので、山口さんに写真を撮ってもらえるようにお願いし、写真を撮ったんですが…。

キャッチしたあとのしかなくて。

そんなこんなで、楽しい鵜来島釣行は、後半へと続く。

いつまで引っ張る気や。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ゼー六

2009-05-24 07:43:01 | 食べ物関連
これからの夏には欠かせない食べもの。アイスクリーム。

大阪の本町にあるゼー六。

ここのは、アイスクリンというやつです。さっぱりした口ざわり。

でも店で食べたことはないんです。

いつも、持ち帰り、いわゆるテイクアウト。

最中=もなか、の形をしたウエハースの入れ物に入れてくれます。

本町通に面しところに、店を構えています。近くに寄ったときは、一度、ご賞味あれ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加