☆ 森のクマさん徒然草 ~元 森の宿うわじまユースホステル管理人のひとりごと!

ひとりの人間として ふっと思いついたこと、感動したことを書いてみよう。

水無月 和菓子の

2017年06月14日 | Weblog
小さい頃から和菓子が好きで、特に「粒あん」の入っているのはお気に入り。でも、あの「水無月」の上の小豆の意味を考えたこともなかった。が、

今日初めて知った!市の広報誌に、こんな記事が(以下、市民しんぶん右京区版より転載)

6月に食べる伝統的な和菓子として、外郎(ういろう)の上部に邪気を払う小豆が乗った三角形のお菓子「水無月」があります。三角の形は暑気を払う削りたての氷を表し、小豆は「魔滅」(まめ)すなわち厄除けの意味があります

「魔を滅する」という意味やったんや! 水無月は「みな好き」。。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりに「飛騨」を見た! | トップ | 30年ぶりの串カツ屋へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事